ダイエット

ダイエットにお茶と水どっちが痩せるか比較するのはナンセンス

ダイエットに水が必要なのを知っていますか?

ダイエットに1日2リットルの水を飲むようにアドバイスすると「水は苦手なのでお茶でもいいですか?」と言う人がいます。

「水よりお茶が好きだからお茶を飲みたい」と言う人は、ダイエットの基本がわかっていません。

お茶と水を比較することは、まったくナンセンスで意味がないことなのです。

ダイエットにお茶と水を比較してはいけない理由

人間の身体の50%以上が水分なのは知っていますか?

その水分は、血液だったり筋肉だったり肌だったり、すべての細胞に使われています。

その成分になる水分に、水とお茶のどっちがいいかは、誰でもわかるのではないでしょうか?

もし、食後にお茶を飲みたい人がいれば、お茶を飲めばいいのです。

お茶だってコーヒーだって紅茶だってかまいません。

お茶やコーヒーや紅茶は嗜好品で、水は身体を構成する成分です。

お茶は、水に茶葉を加えたものなので、体の中で水分と茶葉の成分を分離するためには、コンソメスープの水分とコンソメの成分を分離するのと同じように、分解する過程が発生します。

お茶と比較するなら、コーヒーや紅茶やジュースと比較するべきで、水と比較するのはおかしなことなんです。

「水」だったら分解する必要がないので、分解に使われる酵素やビタミンやミネラルの無駄使いをしなくていいのです。

体中を巡る血液やリンパに必要なのはお茶ではなくて水なのです。

「水」は体重の3%程度は毎日汗や尿などで出ていきます。

だから60キロの人なら、普通に生活するだけで1.8リットルの水は身体からなくなっていくのです。

でも1.8リットルの水を摂らない人の身体は、お茶やコーヒーやみそ汁を分解した水分を使ったり、古くなった水分を何度も腎臓でろ過して使いまわしたりして、からだの機能を保つのです。

自分のカラダのために最低でも1.8リットルのきれいな水を飲んであげたいと思いませんか?

お茶と水を比較するのは意味がない理由がわかりましたか?

水は絶対に必要な栄養素のようなもので、お茶はコーヒーや紅茶のような嗜好品なのです。

水はとても大事なので、お茶と水を比較するよりも水の質について考えた方がいいのです。

あわせて読みたい
水2リットルダイエット|ミネラルウォーターより浄水器がいい理由太っている人は、水を定期的に飲む習慣がない人が多いので、朝起きたら水を飲むことからダイエットはスタートします。 水を飲むのが習慣になっ...
あわせて読みたい
水ダイエットに水道水をすすめるのには理由があるんです水はダイエットだけでなく人間の体に欠かせないものです。 水は、体の機能を保ったり、老廃物を排出するためにも必要なので、体重の3%は...
あわせて読みたい
水を飲む
水2リットル飲めない人も痩せた水の飲み方のコツダイエットでは、水を1.5〜2リットル飲むことを勧めています。 太っている人は水を飲む習慣がない人が多いので、最初は水2リットル飲...

ダイエットにお茶は効果ないの?

「お茶を飲んで痩せた」とか、

「ダイエットにお茶がいい」とか

ダイエットにはお茶が効果的なイメージがありますがどうでしょうか?

お茶には、種類によってそれぞれに効果効能があります。

ウーロン茶などのお茶は、食事の中の油分の分解を助けるとか、消化を活発にするとかの効果が期待できるものがあります。

食生活や体質にあったお茶を飲むことは、ダイエットの助けになる場合もあります。

カテキンなどの有用成分には、脂質の代謝を促進するや、免疫力をアップさせるなどがあるようですが、利尿作用が強いお茶もあるので、プラスの効果だけでなくマイナスの部分も知って選びましょう。

お茶には栽培中の農薬の問題など気になることもあるので、お茶を飲むなら有機栽培のものを選ぶことは大切です。

ダイエット中にも毎日お茶を飲みたい人は

お茶が好きでどうしてもお茶が飲みたい人は、からだが必要としている水を1日2リットルくらいは飲んで、それでも飲める場合に飲むようにしましょう。

利尿作用が強いお茶を飲む時は、水を多めに飲みましょう。

お茶はコーヒーのような嗜好品なので、茶の種類は好きな味を飲んで大丈夫です。

基本的にダイエットは、嫌いなものや好きではないものを、我慢して飲んだり食べたりして痩せたらリバウンドしやすいのです。

嗜好品は、好きなものを選ぶ方が満足感があってダイエットもうまくいきますよ。

ダイエットのためにお茶と水のどっちを飲めば痩せるかと迷っていた人なら、お茶以外に好きなものがあるならハーブティーでも何でもいいのです。

まとめ

  • 人間の身体の50%以上が水分
  • 水は血液だったり筋肉だったり肌だったり、すべての細胞に使われている
  • 水は体重の3%は毎日必要
  • お茶はコーヒーのような嗜好品なので、茶の種類は好きな味を飲んで大丈夫

 

 

おすすめ記事