ダイエット

水2リットルダイエット|ミネラルウォーターより浄水器がいい理由

太っている人は、水を定期的に飲む習慣がない人が多いので、朝起きたら水を飲むことからダイエットはスタートします。

水を飲むのが習慣になってくると、味覚があっさりしてきて、ヘルシーな食事を好むようになるので、ダイエットが楽になっていきますよ。

では、ひとくちに「水」と言ってもどんな水を飲めばいいのでしょうか。

「ミネラルウォーターの水」と「浄水器の水」を比較してみましょう。

ミネラルウォーターの真実

多くの人はペットボトルのミネラルウォーターを買っていますが、ペットボトルの水はどんな水でしょうか。

ペットボトルの水の種類

ペットボトルの水にもいくつか種類があるのを知っていますか?

ナチュラルウォーター……特定の水源から取った地下水を、加熱やろ過で殺菌や除菌をしたもの。自然水ではあるがミネラル成分はほとんど含まれていない。日本の天然水の多くはこれに分類されている。

 

ナチュラルミネラルウォーター……ナチュラルウォーターの中でもミネラルが地下で自然に溶け込んだもの。ろ過・沈殿・加熱殺菌以外の処理をしていない。

 

ミネラルウォーター……地中でミネラル分が溶解した地下水。

ナチュラルミネラルウォーターと同じ地下水を、加熱やろ過、沈殿、殺菌などをした後、複数の地下水を混ぜたり、人工的にミネラルに加えたり、オゾン殺菌・紫外線殺菌・ミネラル分調整・ブレンドなどを行ったもの。

 

ボトルドウォーター……水道水や河川水、蒸留水、など、飲用に適した水を原料にして容器に入れたもの

加熱、殺菌、除菌、人工的、水道水など、予想外な言葉が出てきます。

ペットボトルの水に対するイメージと違いませんか?

ペットボトルの水は、ラベルにあるような山の自然な湧き水をそのままボトリングすると思っていませんか?

特に、「ボトルドウォーター」の、水道水や河川水、蒸留水、など、飲用に適した水を原料として容器に入れたもの、の部分は気になりますね。

ボトルドウォーターは、衛生的に問題がない飲める基準をクリアしていれば、なんでもいいので、水道水をボトルに詰めて売ってる水もあるんですよ。

コンビニやスーパーで何気なく買っている水は、どの分類の水ですか?

コンビニやスーパーで何気なく買っている水を、安全でミネラルたっぷりの地下水と思っていませんか?

最も自然に近い「ナチュラルミネラルウォーター」でも、「ろ過・沈殿・加熱殺菌以外の処理をしていない。」という部分が気になります。

(サントリーのページより抜粋)

安全基準がゆるい

ペットボトルのミネラルウォーターを買っている人が多くなっていていますが、ミネラルウォーターって本当に安全でしょうか?

ペットボトルに入った水をミネラルウォーターと呼んで安全だと思っていませんか?

ペットボトルの水が腐らないのは何故でしょうか?防腐剤を使ってもペットボトルには表示義務がありません。

殺菌や除菌は、日本の水と海外の水では基準が違い、日本のペットボトル水は何らかの殺菌処理がされているのです。

ペットボトルの水は安全基準が緩いのが現状で、基準で比べると、水道水の方が厳しい安全基準を設定しています。

水道水とミネラルウォーターでは、管理している法律が違うため、同じ有害物質の項目でも、水道水の方が厳しい基準をクリアしているのです。

これも予想外ですね。

異物混入

ペットボトルの水は、ニュースでも頻繁に異物混入で自己回収騒ぎがおきていますね。

カビ」「細菌」「発ガン性物質」「金属片」「藻」など、さまざまな異物がボトルに入ってるリスクがあります。

ペットボトルの水からもマイクロプラスティックが検出されているのを知っていますか?

これらも安全基準のゆるさが原因のひとつです。

コスパが悪い

ミネラルウォーターは水なので、ハッキリ言って「重い」です。しかもかさばります。

重くて嵩張る物を運ぶと、輸送費がかかり、保管代もかかります。

容器代もかかるし、作ったり売ったりしているお店の利益なども上乗せされているので、原価に対してコスパが悪いのです。

日本では高額な海外のミネラルウォーターは、現地ではびっくりするほど安いのを知っていますか?

輸送費や税金や商社など、消費者が知らないコストが上乗せされて、あの価格になっているんですよ。

ウォーターサーバーなど、大きな容器を使う水もあるけど、安全基準の緩さとコスパの悪さは大差ないのです。

水の鮮度が悪い

ペットボトルに入った水は、いつの水でしょうか?

外国産の水はいつどこで容器に入れられた水でしょうか?

その水にはおいしさを左右する酸素などは含まれているでしょうか?

環境問題

環境問題ペットボトル

今の、ペットボトルの水の大きな問題は、マイクロプラスチックなどの環境問題です。

世界中でペットボトルは汚染の原因になっていて、深刻な問題になっています。

このままだと、ますます環境に悪影響を及ぼす可能性がありますね。

浄水器の方がいい理由

エコ

水道水は、安全でエコな水です。

日本の水道水は、地域や施設によって差はあるけど、ある程度の安全性が保証されている上に、どこでも誰でも安く口にすることができます。

浄水器の水は、蛇口をひねれば出てくるので、ペットボトルの水の短所をクリアしていて、環境問題を考えると、ペットボトルの水を買うことは時代遅れとも言える状況です。

日本の水道水はミネラル分が豊富な自然の水を原水にしているので、元来は柔らかくて飲みやすいのです。

その水道水を、性能が確かな浄水器を使って洗うと、水を飲む直前で浄水することができ、鮮度がいい水を飲むことができるのです。

原水になる水道水が安いため、炊飯や味噌汁や野菜洗いなど、飲料以外にも浄水した水を使うことができるようになるのも魅力です。

浄水器の選び方

浄水器を選ぶときは、とにかく「浄水性能」を最優先にして選びましょう。

水素水とか、還元水とか、その他のオマケの機能にごまかされてはいけません。
イメージとか知名度とかデザインとかに振り回されても間違えます。

浄水器を買う目的は、安全で美味しい水を手に入れることです。

「美味しい」は主観があるけど、「安全」はデータで見ることができます。

浄水性能を確認する方法は、「基準」と「データ」です。

雰囲気では無く、エビデンスがしっかりした浄水器を選びましょう。

浄水器を選ぶ基準

浄水器には、「JWWA」や「JIS規格」などの国内基準をはじめ、いくつか基準がありますが、
なかでも、第三者機関による国際基準の「NSFインターナショナル」の基準をクリアし、国際規格の認定を受けていることが、最低限チェックするところです。

「NSFインターナショナル」の基準は項目が多くて数値も厳しいので、これをクリアしている浄水器は、ある程度安全な水を作れることが保証されます。

その中でもいくつか選択肢がありますが、世界基準となる「NSFインターナショナル」の国際規格の認定を受けたものを選ぶことが大切です。
NSFインターナショナルマーク

世界基準の認定を受けた浄水器を使っても、水道水を活用するので、1リットルは10円以下で手に入れることが可能で、ペットボトルの水を買うよりも、はるかに安くて、新鮮で、安心な水を飲むことができるます。

水素水などの嗜好品要素の水が飲みたい人は、NSFの基準をクリアした浄水器で水道水を洗ってから、好みのものを添加することです。

まずは、安全な水を安く作ることを最優先しましょう。

まとめ

  • ペットボトルの水には種類がある
  • ミネラルウォーターと言っても、自然な水をそのまま使ってはいない
  • ミネラルウォーターは、水道水より基準が緩く、コストが高い
  • 浄水器選びは基準が大事
  • 浄水器の信頼の基準は世界基準の「NSFインターナショナル」認定
  • 浄水器は浄水性能を最重視して選ぶ
おすすめ記事