ダイエット

麺類とご飯どちらが太る?ダイエットの現実

「麺類は太るの?」「麺とご飯どっちが太るの?」

これはよくある質問のひとつです。

麺もご飯も好きな人はどっちを選べば太らないのか気になりますね。

食べ物は、ダイエットのいちばん重要な部分なので、この問題には答えておきたいと思います。

麺類は本当に太るの?ご飯は太るの?麺とご飯どっちが太るの?太らない食べ方について、などなどダイエットの現場で実際に感じていることを書いてみますね。

麺類が太るって本当?


麺類が太るのは本当です。

麺類はダイエットには適していないと思った方がいいのです。

麺類といえば、「ラーメン」「うどん」「そば」「パスタ」などですが、これらは小麦粉がメインの食品で、栄養素としては「糖質」なので、これらを食べると、血糖値が急上昇して、脂肪細胞に蓄えようとするホルモンにスイッチを入れてしまいます。

だから、麺類を好きなように食べると、太るリスクは高いといえます。

ご飯が太るって本当?

ご飯も糖質なので、食べ過ぎれば太ります。

活動量や体格で個人差があるけど、1回に食べても太らない糖質の量は20gと言われています。

茶碗に1杯のご飯を食べれば、50〜60グラムの糖質を食べることになるので、活動するエネルギーを差し引いても、一度に茶碗に1杯以上のご飯を食べていては、太りやすいといえます。

ご飯は太らないと思っている人は、1回の食事で茶碗2杯以上を当たり前のように食べていたりするので、気をつけましょう。

麺やご飯を食べたくなったら

ダイエットでは、「低糖質&高タンパク」を意識した、やや糖質制限を勧めているので、麺とご飯は控えてもらうのですが、どうしても食べたい時には、どっちを選べばいいか聞かれることがあるのです。

答えとしては、

「どちらでもいい」

です。

全部、炭水化物なのです。

どれも、たくさん食べれば太るものばかりなのです。

たまに麺類やご飯を食べるくらいでは、ダイエット的には大差ない、というのが答えです。

米や、ラーメンや、うどんや、パスタを、毎日大量に食べるなら、何らかの差があるかもしれないけど、基本的に糖質を控えめにしている生活では、本当に微差なのです。

基本的に、どちらでもいいから、好きなものを、たまに少なめに食べることを勧めています。

麺とご飯どっちが太るかという細かいことを考え始めると、ダイエットが苦痛になってきませんか?

どっちが太るかを考えるよりも、いま食べたい好きな方を、楽しく味わう方がストレスがなくダイエット的にもいい結果が出ています。

ダイエットの基本がわかってくると、大好きなパスタでも、まずサラダを食べてスープを飲んで、具沢山のパスタを半分くらい食べたら、そのくらいの量でも満足できるようになります。

ラーメンが好きでも、うどんが好きでも、ご飯が好きでも同じことです。

食べる量と、時間帯と、頻度を気をつければ、太らないしリバウンドもしません。

麺類やご飯を食べるときに気をつけることは?

たまに、仕事の付き合いなどで、夜ごはんで炭水化物を食べるのがわかっている時は、

2~3日でバランスをとって調整するタイプの人と、ダイエットのサプリメントなどを併用して、毎回調整する人がいるのです。

これらも個人差があって、どちらがいいとは言えません。

麺類やご飯が好きな人がふだんの生活でできることは?

人気のご飯ものは、

カレーライス、寿司、カツ丼、などですが、

ストレスが溜まらないように、ふだんから好きなものをアレンジしたものを食べることを勧めています。

 

寿司が好きな人なら、刺身やカルパッチョ

カレーライスが好きな人なら、スープカレーやカレー味の煮込み

かつ丼が好きな人なら、ポークピカタやチャーシュウなど、

糖質制限に適したメニューにアレンジして、頻繁に食べることをすすめています。

もうひとつの方法は、血糖値を急上昇させにくい、玄米などを白米の代わりに食べることです。

玄米には、糖質の代謝に必要なビタミンBが含まれているので、健康面でもダイエット的にも適しています。(玄米だって食べすぎると太るので注意して)

和食が好きでも、洋食が好きでも、中華が好きでも大丈夫。

この要領で、好きな炭水化物の料理をアレンジして、ふだんから食べることで、ストレスを感じずに痩せていくことができるのです。

 

我慢や苦しいことはリバウンドの原因になるので、無理はやめましょう。

ダイエットは一時的なブームではなく、一生ずーっと一緒にいる自分の体を大切にして、扱い方を見つけていくことなのです。

まとめ

  • 麺類もご飯も、太りやすい。
  • 麺類とご飯で迷ったら、好きな方を食べた方がストレスがなくていい。
  • ふだんから好きな料理を低糖質にアレンジして食べた方がいい。
  • 血糖値が急上昇しにくい玄米や全粒粉などを取り入れる。
  • 我慢や無理はしないほうが長続きしてリバウンドしにくい。
おすすめ記事