プロフィール

アラサーでたるみ、

アラフォーで崩れ、

アラフィフで変形する

これは私自身の経験と、観察から感じた、加齢による体型の変化のことです。

この経験が、OTONAダイエット(オトナダイエット)が生まれるきっかけになったのです。

ダイエットとの出会い

若い頃は細めで、ダイエットに悩んだことがなかった私が、30才を過ぎた頃に体の輪郭にシャープさがなくなって体型が緩んだ感じになり、腰回りに肉がつくようになりました。

その頃が、初めてダイエットの必要性を感じた頃だと思います。

 

当時はインターネットもない時代で、情報はテレビや雑誌に限られていて、食べる量を極端に減したり、油を抜いてカロリーを控えるダイエット法や、「これさえ食べれば痩せる」というような方法が主流で、続けることが難しく望む結果が出せずにいました。

 

そこで、その頃すでに英語を教える仕事をしていたので、栄養学の本場であるアメリカのダイエット情報に興味を感じ、健康的に痩せる方法を探すことにしました。

 

そこで見つけたのが、当時の日本ではまだメジャーではなかった、「糖質制限」の食事スタイルです。

バランスよく栄養素を摂るために、当時の日本人にはまだまだ馴染みが薄く、栄養補助食品と言われていた「サプリメント」を組み合わせたダイエットをすることにしたのです。

「米のご飯を食べない」「不足する栄養素はサプリメントで補う」というのは、当時としてはかなり前衛的な考えで、家族や周囲の人に反対されたり驚かれたのを覚えています。

でも、良質なサプリメントで栄養素を取り入れると、体調が変化する経験をしていたので、これは健康的なダイエット法という確信がありました。

 

その結果、痩せて20代の頃のような、調子がいい状態になったのです。

この経験から栄養学を学び、ダイエットだけでなく英語講師の仕事にも活かしました。

食事内容や栄養で、生徒の集中力や成績までも変わったからです。

これらは、「人間の体は食べ物と密接に関わっている」と気がついた体験でした。

 

 

次に、40才を過ぎた頃に、肌や筋肉の張りがなくなり始めて、後ろ姿全体にしまりがなく、体重は変わらないのに下半身だけが大きくなるという、体型の崩れの悩みが出てきました。

これは、私だけでなく、アラフォーになった周りの友人たちも同じように悩んでいたのです。

体のカタチの崩れは、栄養学だけでは解決できないので、運動をすることを考えました。

とりあえず近所にある、福岡市民の憩いの大濠公園で、ウォーキングやジョギングをやることにしました。

ウォーキングでは効果がなかったけど、走ると少しずつシルエットがスッキリして、徐々に体型の悩みは気にならなくなっていきました。

でも走るのをやめると、体重が増え中年のシルエットになってしまったのです。

俗にいう「リバウンド」です。

継続できない方法は、リバウンドの原因になると気づくキッカケになりました。

 

50代になった頃は、世の中は「筋トレブーム」になっていました。

イラスト 筋トレ

筋肉が少ないタイプの私は、プロのスポーツ選手が通うパーソナルトレーナーのところで、限界を超えるきつい筋トレも経験しました。

筋トレは苦しかったけど、栄養と運動を頑張っていれば、このまま体はバッチリだと思っていたのに、昔から姿勢がいいと言われていた私が、「歩く時の姿勢が悪い」と指摘されるようになったのです。

少しO脚にもなっていて、それと同時にヒザに痛みも感じるようになっていました。

膝

栄養学を実践してきたおかげで、血圧や血液検査など、健康診断での体内の数値にはまったく問題がないのに、体の外側の方は膝の痛みだけでなく「五十肩」になって肩があがらなくなったり、今までに経験のない不調を体験するようになっていました。

膝や肩の痛みは整体や整骨院に行っても治らないため、年齢と共にカラダが変形して、全体に老化が忍び寄ってくるようで、怖さを感じ初めていたのを覚えています。

そんな頃に、友人に誘われたのが「ピラティス」でした。

その時に初めてピラティスに行ったのです。

ピラティスとの出会い

結果的に、ピラティスとの出会いが、私の体を大きく変えるキッカケになりました。

ピラティスは、元々は「リハビリ」から始まったものなので、大きな動きや強い負荷はなく、カラダをほぐしたり、骨盤の動きや呼吸にフォーカスして、

体幹を鍛えながら、「自分のカラダを自分が思うように動かせるようになる」事を目的としたものです。

芸能人では、石田ゆり子さん、米倉涼子さん、渡辺満里奈さんなどが愛好家として有名ですね。

ピラティスは、寝たままの動きが多いから簡単に見えたのに、実際にやってみると、体が思うように動かせなくて、知らぬ間に老化した自分の体に、最初は愕然としましたが、

「このままではいけない」という気持ちになって、週3〜4回のペースで熱心に通い続けました。

その甲斐あって、ピラティスの効果は案外早く表れ、ヒザの痛みや、肩の痛み、下半身が太い悩み、O脚などの不調や悩みがどんどん解消されていき、

食事コントロール」と「ピラティス」で、サイズも動きも30代のカラダに戻っていったのです。

ダイエットは難しくない

カオリ先生

30代40代50代の、自分自身の体の変化にこのように対応してきて、多くの気づきがありました。

「食事」「運動」「メンタル」を整え、正しい知識を習慣化する事が、ダイエット、健康、アンチエイジングなどに、同時に効果を出すということを。

多くの人は、知識がないために、断片的な情報に振り回されています。

無理な食事制限をしたり、つらい筋トレをしたり、継続が難しいダイエットをして、リバウンドを繰り返したり、効果がわからない道具やサプリメントを買ったりしているのも、知識のなさが原因です。

サイズを計る

それを知って、間違った情報に時間やお金を使ってダイエットに悩んでいる人に、この方法を伝えることを仕事にしてみたいと思うようになりました。

そこで、すぐに「ダイエット」と「ピラティス」を教えることができる資格を取りました。

こうして、運動キライ食べるの大好きな女性のために、「OTONAダイエット」を考案し、仲間とともに活動をスタートしたのです。

OTONAダイエットには、「筋膜リリース」の資格保有者もいて、無理なく苦しくなく、きれいにやせるサポートをしています。

●ダイエット結果のストーリーはこちら

OTONAダイエットの意味

OTONAの意味は、「大人」「おとな」だけではありません。

【O】over35(35歳以上)

【T】training(トレーニング)

【O】on off(オンとオフ)

【N】nutrition (栄養)

【A】anti aging(アンチエイジング)

これらの頭文字が【OTONAダイエット】の意味です。

運動嫌いでも、食べるの大好きでも、知識と習慣で無理なく痩せる方法のエッセンスです。

アラフォー女性を対象にしている理由

OTONAダイエットは、アラフォー女性が、食事と運動とメンタルを整えて、ストレスなくきれいに痩せることを目的にしています。

 

なぜアラフォー女性なのでしょうか?

 

まず、アラフォー女性は、若い頃のような無理なダイエットをすると、痩せないだけでなく、健康や若さを損なうリスクが高いことです。

アラフォーになったら、人生最後のダイエットをしないといけません。

アラフォーの体は、痩せながらメンテナンスが必要なんです。

自己流の食事制限では、きれいに痩せれません。

苦しい筋トレはリバウンドの原因です。

ダイエットの知識のなさは健康を蝕み、ダイエットビジネスの餌食にもなっています。

ダイエットの知識は、自分や家族の健康の知識でもあります。

アラフォー女性は、あらゆる世代と生活の中心です。

アラフォー女性に正しい知識があれば、自分自身はもちろん、子供や家族や周りの人への影響が大きいと考えています。

これからの時代のために

希望

「人生100年」と言われるようになりました。

日本は、寿命は長いけど、健康寿命は短い国です。

健康は、自己責任の時代になっているんです。

今40歳の人なら、人生はあと60年も残っています。

今のままで、これから60年生きることに不安はないですか?

これからの「人生100年」の時代も、体が若く健康なら何だってできます。

もうダイエットに悩むのはやめにしませんか。

知識と習慣があれば、自分の体をコントロールすることが、できるようになるんです。

●ダイエット結果の画像はこちら