ダイエット

プロテインデブに注意!プロテインは飲み方で太るし痩せる

プロテインを摂っていますか?

プロテインのせいでプロテインデブにはなりたくないですよね。

プロテインは飲み方次第で太ったり痩せたりするんです。

プロテインデブって何?

ある栄養学のセミナーで講師の先生が、「最近増えているのがプロテインの摂りすぎで太っているプロテインデブ」だと言っていたのです。

プロテインブームでたくさんの人がプロテインデブになっているそうですよ。

プロテインは摂り方を間違うと、太ってしまうので気をつけて。

「体にいい」「ダイエットにいい」と信じて真面目に毎日摂っていたらそのせいで太ってしまうなんて怖いですよね。

プロテインがダイエットにいい理由

プロテインは、肉や魚、卵、大豆などに含まれるタンパク質の部分のことです。

一般的にはタンパク質をサプリとして摂る時にプロテインと呼ばれています。

脂身たっぷりの霜降りのステーキを食べたら、タンパク質以外にかなりの脂分も一緒に食べる事になるのは理解できますよね。

その高カロリーな脂分はダイエットにとっては避けたい脂肪分なんです。

高カロリーな脂肪分を摂ってしまったら、活動や筋トレや有酸素運動などでなんとか消費しないと太ってしまいます。

そんな不要な脂分を摂らずに、効率よくタンパク質を摂取するためにプロテインを併用することは、ダイエットをシンプルで楽にするために役立つんです。

プロテインが太る理由

ダイエットにはタンパク質が効果的という断片的な情報のせいで、肉ならどんなに食べても太らないとか、プロテインは飲めば飲むほど痩せるとか、間違った情報が広がっています。

プロテインはタンパク質なので、量と質を考えて食べないと太るんです。

特に動物性のホエイプロテインは、吸収がいいので筋肉を大きくしたい筋トレが好きな人に好まれますが、ダイエットの栄養補給にはオススメできません。

植物性のプロテインでも摂り過ぎたら脂肪として蓄えられるので、プロテインは一度に摂る量に気をつけないと太る原因になるんです。

タンパク質はすべての細胞を作る材料なので、ダイエットのためでなくけんこうのためにも毎日しっかり食べる必要があります。

タンパク質を1日に摂る量は、体重の1000分の1が必要といわれています。

体重60キロの人なら60グラムですね。

でも低糖質ダイエットで、血糖値を急激に上げないために糖質を控えめにして運動もしている人は、タンパク質を体重の1.5倍くらい摂る方がいいようなので、90グラムくらい食べることになります。

一度の食事で摂る量は20グラム程度がいいので、20グラムのタンパク質を4回くらいに分けて食べればいいんです。

でも、プロテインを摂れば痩せると思っていたら、何も考えずに一度に50グラム摂ってしまうかもしれません。

一度に50グラムのタンパク質を摂ってしまったら、それを消化するために体を動かして燃焼させてバランスをとらないと太ってしまうんです。

プロテインで痩せる理由

タンパク質は、体のあらゆる細胞に必要な栄養素なので毎日食べたり飲んだりして摂る必要があります。

タンパク質が不足すると運動しても筋肉が作られずに筋肉を分解してしまうこともあるんです。

からだの形を整える筋膜もタンパク質が不足すれば弱くなり体型も崩れていくんです。

だから、体型を良くするためにも、動ける筋肉を作るためにもタンパク質が必要なんです。

プロテインを飲むと引き締まると言われるのはそんな理由です。

一度の食事で20グラムのタンパク質が目安で、肉や魚なら約20%がタンパク質なので、100グラム食べる計算になります。

タンパク質は20グラムで脂質や糖質は抑えた食事を毎日4回くらいする必要があり、継続が難しいのでプロテインを取り入れることでカロリーや糖質を摂らずにタンパク質を摂る生活が可能になるんです。

プロテインは、飲めば痩せるというものではなく、タンパク質を効率よく摂るためのサポートなんです。

プロテインは食事と同じで、毎日の栄養の一部なんです。

体を作る基礎になる栄養素なんです。

だから、プロテインは品質や安全性が大事なんです。

まとめ

  • プロテインは飲み方次第で太ったり痩せたりする
  • プロテインの摂りすぎで太っているのがプロテインデブ
  • 不要な脂分を摂らずに、効率よくタンパク質を摂取するためにプロテインを併用することは、ダイエットをシンプルで楽にするために役立つ
  • プロテインは一度に摂る量に気をつけないと太る
  • タンパク質を1日に摂る量は、体重の1000分の1は必要
  • 一度の食事で摂る量は20グラム程度がいい
  • 体型を良くするためにも、動ける筋肉を作るためにもタンパク質が必要
  • プロテインは食事と同じだから品質や安全性が大事

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事