食事

チーズが太る理由|痩せる食べ方・太らないメニュー

チーズを食べると太るのでしょうか。

チーズを食べると太る理由は何でしょうか。

チーズを食べると太る人と、チーズを食べても太らない人がいるのは知っていますか?

チーズには、太る食べ方と痩せる食べ方があるのです。

チーズで太る人、痩せる人の違い

チーズを食べると太るという人と、チーズを食べて痩せたと言う人がいますよね。

なぜまったく違う結果になるのでしょうか。

実は、チーズで太る人と痩せる人の違いは、一緒に食べるものの違いなんです。

例えば、チーズを使ったメニューで代表的な食べ物に、「ピザ」と「グラタン」があります。

どちらも太りそうで避けている人がいますが、ダイエットに、グラタンはOKメニューで、ピザはNGメニューなのを知っていますか?

ピザは、ピザ生地が炭水化物で糖質が多いために、太りやすいメニューになります。

ピザが太る理由は、チーズよりもピザ生地にあるのです。

特に、糖質や脂質を避けたい夕食でピザを食べると、糖質と脂質のダブルパンチで太りやすい食事になってしまいます。

チーズパンや、ピザトーストなども同じ理屈で太りやすくなります。

糖質制限や、糖質オフダイエットでは、チーズは食べても問題がない食品です。

チーズと一緒に何を食べるかによって、糖質が多くなったりして、太りやすいメニューに変わってしまうのです。

グラタンは、ちょっとした工夫で、ダイエットを気にせずに食べてもいいメニューです。

グラタンは、マカロニグラタンでなければ、糖質を抑えることが簡単にできます。

グラタンはなぜ太る?カロリーや糖質、具材やメニュー選びのコツグラタンは高カロリーでしょうか?低カロリーでしょうか? グラタンは低糖質でしょうか? ダイエット中にグラタンを食べてもいいで...

もし、カロリー制限のダイエットをしている場合は、チーズは種類によって太る食品になります。

チーズで太るかどうかは、カロリー制限なのか糖質制限なのかによっても違いますよ。

カロリー制限なら、チーズのカロリーをチェックして、食べるチーズを選びましょう。

チーズで痩せる人の食事メニュー

チーズで太る人と痩せる人の違いは、体質や遺伝だと思っていたら、痩せることが難しくなります。

チーズで太る人と痩せる人の違いは、「ダイエットの知識の差」と言えます。

太る原因は、チーズ以外にも生活の様々なところにあるので、痩せたいならチーズだけでなく、食生活を全体的に考えましょう。

チーズは低糖質なので、他の食品との組み合わせ方次第で、毎日食べても大丈夫です。

モッツァレラチーズや、カマンベールチーズは生で食べても加熱して食べてもいいので、バリエーションの豊富なメニューになります。

カプレーゼや、野菜とのグリルなどは夜の食事にもオススメです。

チーズフォンデュも、具材に野菜を多く使えばお勧めできるメニューです。

チーズを使うことで、満足感がアップするなら取り入れましょう。

ハードタイプのチーズやウォッシュタイプのチーズなら、ワインと合わせて低糖質な食事を楽しむことができます。

チーズは「たんぱく質」も豊富なので、間食としても適しています。

ただし、たんぱく質も食べすぎると太る原因にります。

チーズを食べるときに、肉や魚を食べるなら、全体の食べる量に気をつけましょう。

1回の食事のたんぱく質は、その人の手のひらサイズが丁度いいと言われています。

そのくらいの量の、肉や魚や大豆食品や乳製品を、活動量や体格に合わせて、1日3回〜5回食べるように勧めています。

チーズケーキは太る?

クリームチーズを使った、チーズケーキは太るのでしょうか?

実は、ケーキの中では、チーズケーキは太りにくいケーキです。

でも、砂糖が使われているので、一回に食べる量は4分の1程度にした方がいいです。

ひとつのチーズケーキを1日かけて少しづつ食べれば、糖質の影響を心配しなくても食べることができます。

最後に

「チーズが太る」というのは、間違ったイメージだと言えます。

だからと言って、チーズを食べれば痩せる訳ではありません。

チーズと組み合わせる食品や、食べる量や時間帯で、太る食品になってしまいます。

チーズ味のスナック菓子などは、太る食品です。

自然に作られたチーズなら、保存食の発酵食品なので、少量を楽しむ程度なら健康にもいいと思います。