食事

おでん太る具ランキング|大根・たまご・厚揚げ・ちくわぶ

「ソレダメ!~正月太りを即解消!糖質オフダイエットSP」というテレビ番組で、おでんの具材で「太るおでん」と「太らないおでん」のランキングを発表していたので、「ダイエットとおでん」について書いてみます。

糖質制限のダイエットでは、おでんは強い味方になります。

太る具と太らない具を理解して、あなたのダイエットに役立てて下さいね。

おでんがダイエットにおすすめな理由

おでんがダイエットにお勧めな理由は、低糖質な具材が多いからです。

鍋料理なので、食材をたくさん使ってバランス良く食べれるし、おでんは料理として作り方が簡単なので、誰でも作れます。

大量に作って温めなおしながら、何度も食べれるのも便利ですね。

でも、すべての具材が低糖質なわけではありません。

おでんは低糖質だと思い込んでいたら、思わぬ落とし穴があるのです。

糖質が高い具材を知って賢くダイエットしましょう。

低糖質おでんの具ランキング

番組に登場したおでんの具は、コンビニでも買える、王道の12種類でしたね。

ランキングのおでんの具材

厚揚げ・がんもどき・こんにゃく・昆布・さつま揚げ・しらたき・玉子・大根・ちくわ・ちくわぶ・つみれ・はんぺん

結果は画像を参考にしてください。

どうですか?予想通りでしたか?

玉子、こんにゃく、厚揚げは、糖質制限の優等生なので、おでんに限らず、いろいろなメニューに活用できます。

予想外なのが、大根の5位ですね。

大根は野菜だけど、根菜類なので、野菜の中ではGI値が高い部類になります。

GI値が低い野菜は、葉物野菜です。

大根をたくさん食べたい人は気をつけましょう。

意外なちくわ

さつま揚げ、はんぺん、ちくわが糖質が多いことに驚きませんか?

ちくわは糖質オフダイエットに適している、と思っている人が多いのですが、でんぷんや砂糖やみりんのせいで、意外にGI値が高いのです。

一回の食事で食べても問題がない糖質の量は、20gと言われています。

玉子や厚揚げなら、10個食べても問題ない量ですが、ちくわを2つ食べたらほぼ30gで、あっという間にオーバーしてしまうんです。

おでんと聞くと、はんぺんなどの練り物をイメージしますが、実は練り物は糖質が高いものが多いので、食べる量には注意が必要です。

驚きのちくわぶ

さらに驚きなのが、ちくわぶの糖質です。

ちくわぶ1つで20gをオーバーしています。

ちくわぶは、原材料が強力粉と解説していましたね。

強力粉なら、パンと同じなので、糖質が多いのは納得できます。

おでんなら、どんな具でもダイエットに適しているわけでは無いのがわかりますね。

糖質オフダイエットのおでんの具

糖質制限中は、練り物などの高糖質の具を避けて、低糖質の具をベースに食べるのが無難です。

お餅や、大根よりも高糖質のジャガイモやカボチャや人参も避けたいですね。

牛すじや鶏肉やウィンナー、イカやタコなどの魚介類は低糖質な具材です。

 

あなたが好きな具材は低糖質でしたか?

ダイエットは、太る味覚から太らない味覚に、好みが変わることでリバウンドがなくなります。

太る具材が好きな人は、意識して太らない具材も食べることで、習慣が変わっていくようにしましょう。

【限定公開】本当に痩せるダイエットの法則

ダイエットには法則があるのを知っていますか?

法則を知らなければ、きれいに痩せれません。法則を知らずに断片的な情報で痩せても、リバウンドに苦しみます。

ゼロには何を掛け合わせてもゼロです。

ベストオブミス福岡大会の、ダイエット講師を務める「OTONAダイエット」が、頑張っても痩せない人や、リバウンドを繰り返す人が知らない、「本当に痩せる法則」を期間限定で、無料公開します。

もっと詳しく

こちらの記事もおすすめ