食事

水2リットル飲めない人も痩せた水の飲み方のコツ

水を飲む

ダイエットでは、水を1.5〜2リットル飲むことを勧めています。

太っている人は、水を飲む習慣がない傾向があります。

最初は水2リットル飲めない人が多いし、水を飲むことに抵抗感があるようです。

だけど、人間の体の50〜60%は水なので、ダイエットだけでなく健康のためにも、水を飲むことは大切です。

水を飲むことが習慣になれば、ダイエットが楽になりますよ。

水2リットル飲めば痩せる、って本当?

ダイエットの最初のアンケートで、普段から水を十分に飲んでいる人は、まずいません。

コーヒーやお茶などの「水分」を飲んでいる人はいても、「水」をしっかり飲んでいません。

飲んだ方がいいと思っても、「水分」でいいと思っています。

コーヒーやジュースやお茶は、「水」ではなく「水分」です。

痩せるためには「水」を飲む方が良いのです。

 

「水」を飲むから、体はすぐに活用できるのです。

「不純物のないキレイな水」を、自分の体に入れましょう。

「水」を飲む習慣ができてくると、痩せやすくなるのは事実です。

痩せるだけでなく、肌もキレイになっていきます。

血液ドロドロの人が、血液をサラサラにするために、水を飲むと思っていませんか?

水はすべての人の身体に、絶対に必要な栄養のようなものです。

ちゃんとした「質」の水を、必要な量は飲むようにしましょう。

水はどのくらい飲んだほうがいいの?

水を飲む

体の機能を保つために必要な量として、水は体重の3パーセントは飲んでもらいます。

体重60キロの人なら1.8リットル、50キロの人なら1.5リットルですね。2リットル飲めなくても大丈夫です。

ダイエットしたい人は、日常の生活で今までよりは体を動かしたほうがいいので、2リットル飲むのが望ましいです。

汗をかく季節はもっと飲んだほうが良いし、

活動が多い日や、運動した時はさらに増やすし、

アルコールを飲んだ時は、かなり増やすようにアドバイスしています。

だから、今まで水をしっかり飲んでいなかった人は、朝から少しずつでも飲んで、水を飲むことが習慣になるようにしてもらいます。

水2リットル飲めない人へのアドバイス

健康的にダイエットしたいなら、「食事」「運動」「メンタル」を整えながら、「水」もその一部と思って飲めるようになりましょう。

水分を見直す

「水分」と「水」を分けて考える事がスタートです。

コーヒーやお茶やジュースなどの嗜好品で「水分」をとっている人は、

それらを水に代えて、まずは1日に必要な水を2リットル飲めるようになりましょう。

水2リットルを目標にとりあえず始めてみる

水2リットルが飲めないという人は、最初から2リットル飲まなくていいから、とりあえずグラスに水を注いで、水を飲む生活を始めましょう。

水を飲む
水を飲むタイミング

朝起きた時に飲む

朝食の時に飲む

ちょっと空腹になったら飲む

ランチで飲む

デスクワークしながら飲む

おやつと飲む

仕事の帰りに飲む

夕食で飲む

テレビを見ながら飲む

など、水を飲む場面はたくさんあります。

できるところから始めてみましょう。

水の質を変えてみる

水が飲めない人は、水の質を変えることも一つの手段です。

水道水を浄水せずに、そのまま飲んでいるなら、多分おいしくなくて、飲めないでしょう。

水道水は経済的なので、水道水を性能が確かな浄水器で不純物を取り除いて、真水にして飲みましょう。

性能が確かで、世界基準の性能の浄水器の水は、口当たりがまろやかで、安全で美味しくて飲みやすいのです。

ミネラルウォーターなら、メーカーによって味の違いがあるから、好きなメーカーの水に変えることも考えてみましょう。

ミネラルウォーターは、水道水に比べても安全の基準があいまいで、輸送費などの割合が高い商品なので、品質と価格で考えると割高に感じます。

水2リットルを最優先にする

水を多く飲むためには、朝から飲み始めて、2リットル飲むことを目標にします。

ジュースやドリンク類の嗜好品を、水に代えてみて、水では物足りなく感じる人は、太りやすい味覚なので注意が必要です。

その味覚が、太る体質を作っているとも言えます。

水を飲む事が当たり前になってくると、「水を飲みたい」と思うようになり、ジュースなどの甘いものを重たく感じたり、甘い物が食べたくなるコーヒーやお茶より好きになったりします。

水2リットルを習慣にするために

水は、体の機能のために必要と理解して、「持ち歩く」「いつも見えるようにする」など、いつもそばにあるようにしましょう。

水を飲む

家でも会社でもテーブルやデスクに水を置いて、いつも見えるようにしましょう。

飲んだ量がわかるように、目盛りがついたコップやボトルを使って、水を飲むのが当たり前になるように、体で覚えていきましょう。

体調に意識をむける

水の大切さを知って水を飲むようになると、今まで何気なく口にしていたお菓子やおやつや甘いドリンクに対して、ちょっと考えるようになります。

お菓子やおやつや甘いドリンクは、なくても大丈夫になる人もいます。

習慣が変わって、体が軽くなってくると、気持ちが良くて、もっと健康的に痩せる方向にシフトしてみたくなります。

体が喜ぶことを選ぶと、痩せやすいカラダになっていきます。

太ったり、体が重く感じたり、だるくなったりは、体からのSOSです。

日々の習慣、特に水を含めた食習慣を見直すことが、体質を変えていくスタートになります。

水2リットル飲んで痩せた理由

「水を飲むのが当然で気持ちいいこと」という習慣になった人は、どんどん痩せていきます。

水がどう体に作用するかはわからない部分もあるけど、水は体の構成成分だから、全ての人に必要で、飲まないほうが体によくないのです。

水を美味しいと思う感覚が、痩せやすい味覚に変化した証拠です。

水を飲むことが、痩せて肌がキレイになるきっかけになるなら、飲まない理由はないと思いますよ。

ダイエットは、大げさなものではなく、日常の小さな習慣を変える事で、望む結果が出るのです。

まとめ

  • 太っている人は「水」を2リットル飲む習慣がない人が多い
  • 水を飲まずに、コーヒーやジュースやお茶を好む人は、太る味覚の人が多い
  • 水は、ダイエットだけでなく健康のためにも飲んだ方がいい
  • 水を飲むと決めて、持ち歩いたり、テーブルに置いたりして水がいつも近くにあるようにする。
  • 水を2リットル飲むのが当たり前になると痩せやすくなる
【限定公開】本当に痩せるダイエットの法則

ダイエットには法則があるのを知っていますか?

法則を知らなければ、きれいに痩せれません。法則を知らずに断片的な情報で痩せても、リバウンドに苦しみます。

ゼロには何を掛け合わせてもゼロです。

ベストオブミス福岡大会の、ダイエット講師を務める「OTONAダイエット」が、頑張っても痩せない人や、リバウンドを繰り返す人が知らない、「本当に痩せる法則」を期間限定で、無料公開します。

もっと詳しく

こちらの記事もおすすめ