ボディケア

セルライトのマッサージであざや内出血!体験談とケア方法

セルライトのマッサージをすると、あざや内出血ができることがありませんか。

自分の体にアザや内出血ができてしまうと不安になりますよね。

ほとんどの場合、マッサージでできた内出血は消えるので心配はいりません。

あざになる理由やケアの方法など、ダイエットコースや実際に痩身エステでできたあざの体験談なども交えて説明してみますね。

セルライトのマッサージであざや内出血ができる理由

セルライトのマッサージで、あざや内出血ができる理由を簡単に言えば、強い刺激で毛細血管が切れて皮膚の中で血が滲んでいるんです。

セルライトは、脂肪細胞が固まってしまっているので、状態次第では揉んだり摘んだりするだけでも毛細血管を傷つけて、あざや内出血になってしまう時があります。

固まりがひどい人はあざができやすいので、足や腕を少し押すだけでもあざや内出血になってしまいます。

セルライトのマッサージのあざや内出血は気にしなくていい

でも、ふつうにセルライトの部分をマッサージしてできるアザは、マッサージの強さにもよるけど数日で消えるのが一般的です。

痩せやすい体になるためにはセルライトは放置できないので、ほとんどの人はあざや内出血の経験があると思います。

痩身エステでできたすごい内出血の体験はショックだったけど、ちゃんとあざは消えています。

痩身エステでカッピングを体験した

痩身エステでは、丸くて赤い内出血のアザができる「カッピング」という方法を使って、血行をよくするアプローチをするサロンもあります。

ハリウッドのセレブや、スポーツ選手の体にカッピングの跡があるのを見ることがありますね。

カッピングは東洋で昔からあるマッサージ法の一種で、効果はあるのかもしれないけど、かなりバッチリなアザができてしまいます。

私も一度試してみたかったので、カッピングを取り入れている痩身エステの「スリムビューティーハウス」の体験に行った時に、写真のように背中全体に内出血のアザができました。

カッピング

ここまでひどい内出血をイメージしてなかったので、ちょっと驚きました。(汗)

血行が悪い部分は濃い跡がつくようで、画像でわかるように左右のあざの濃さが違って、右側が濃くなっています。

時間の経過と共に徐々に消えていきましたが、毛細血管が切れて内出血ができるのだから、ここまでして血行を良くするべきかどうかは、判断に迷うところです。

スポーツ選手は「体が資本」なので、効果がないことやパフォーマンスが落ちるような、体に悪いことは選びません。

カッピングにはスポーツ選手が継続したくなる効果があるのだと思います。

ちなみにカッピングの跡は、一週間ほどですっかり消えてなくなりました。

セルライトのマッサージで気をつけること

セルライトを放置していたら痩せやすい体にはなれません。

できてしまったセルライトや、硬くなったりよじれたりして動きが悪くなった「筋膜」を柔らかくするためにも、マッサージが必要です。

マッサージのやり方などについて説明してみますね。

マッサージの強さとやり方

あざや内出血のなりやすさは人によって違うので、どのくらいの圧力でどのくらいの時間なら大丈夫とは言えません。

たとえば、血が止まらない病気とか何か血液の病気がある人なら、病院に行った方がいいです。

ちょっとぶつけただけでも大きなアザができて、なかなか治らない人も気をつけた方がいいでしょう。

マッサージ

でも、冷たく固まってしまったセルライトをほぐすためには、多少の圧力が必要なのも事実です。

表面を撫でるようなマッサージでは、セルライトをほぐす事が難しいと感じています。

個人個人の判断が必要になる事だけど、ほぐれるまでの一時期に痛みがあったり、あざができたりすることは普通にある事だと思うのです。

不安がある人は、痛みが少ない部分からマッサージしてセルライトがなくなっていく感覚を知ってから、手ごわい部分をマッサージするのがいいかもしれません。

セルライトのマッサージの強度がわからない人は、痩身エステの体験に行くといいと思います。

痩身エステは意味ない、効果ないと言われる《本当の》理由「痩身エステサロンに行ったけど痩せなかったから意味ない」という人はいます。 痩身エステで痩せないのには、ちゃんと理由があるんです。 痩身エステの効果は、人によって違いがあるんです。 この違いを知らずに痩身エステに行っても、時間とお金の無駄遣いになるんです。...

こんなに痛いのかと驚くと同時に「このままではいけない」と思いますよ。

アザができやすい人の特徴

あざができやすい人は、むくみやすくて血管が細く弱い人が多く、食事も栄養素が不十分なケースが多いと感じています。

脂の質が良くなかったり、糖質の食べすぎや外食や水不足などなど、栄養バランスが悪い人が多いのです。

血管も血液も、人間の37兆2000億個といわれる細胞は、日々の生活で食べたものから作られているので、栄養素が摂れていなければ、弱い血管になるのは仕方ないのです。

人体

ダイエットのコースでは、栄養素を壊すような激しい運動はしないけど、まいにち生まれ変わる細胞を作るための栄養素はしっかり食べて、栄養素を壊すマイナスな習慣を辞めるようにアドバイスしています。

やはり、体質の個人差には人間のカラダを構成している栄養素の影響が大きいと感じているからです。

特に、体に必要な、

「水」

「たんぱく質」

「脂質」

「ビタミン」

「ミネラル」

を充分に摂れるようになってから、ダイエットの効果も良くなるし体調や肌の状態も良くなると感じます。

栄養素が充分ではないと思う人は、栄養素を充分に摂る食生活にしてからセルライトのケアをしてもいいかもしれませんね。

栄養素の不足はセルライトができやすい状態にもなるので、食事の見直しはすぐにやった方がいいです。

アザができやすい人は、セルライトもできやすいんです。

体に必要な栄養素を摂る食事をしながら、

飲酒、

喫煙、

お菓子、

暴飲暴食、

不規則な生活

などのマイナスになる習慣をやめていけば、3ヶ月くらいで体調は大きく変化します

その状態で、同じようにマッサージしてもあざや内出血のでき方も違ってくるかもしれませんね。

野菜

理想的な食事を毎日食べることは難しいので、原材料に有機栽培の野菜や果物を使っているメーカーの、サプリメントも栄養補助として併用しています。

サプリメントは規制が緩く、売られている商品は玉石混交なので、研究実績や歴史、原材料や製造過程の公開、などをしている厳しい基準のメーカーを選びましょう。

セルライトのマッサージで気をつけること

セルライトのマッサージは、いきなり強く潰すようにしてはいけません。

セルライトは、大きくなって冷えて固まった脂肪細胞なので、最初は、広い範囲をほぐして柔らかくする事が大切です。

一部分だけセルライトを除去しようとすると、不自然に圧力をかけてしまうから、広い範囲をほぐす方がいいのです。

セルライトはコブのように一部が固まっているのではなく、周辺全体が冷えて固くなっているはずです。

揉んだり押したりひっぱたりしながら、大きくほぐすイメージを持ちましょう。

セルライトのほぐし方がわかったら、セルライトができないように自分でケアすることもできるようになるんです。

自分で根気強くケアすることで痛みがどんどん減って、あざができなくなっていきます。

まとめ

  • セルライトのマッサージでできるアザや内出血は数日で消える
  • 不安ならセルライトが少なくて痛みが少ないところから始める
  • できてしまったセルライトはある程度の圧力がないとなくならない
  • アザができやすい人はセルライトもできやすい
  • 栄養素が不足している人はアザもセルライトもできやすい
【専門家が教える】プロテインの飲み方・選び方

ダイエットのためにプロテインを飲んでいる人が増えてきました。

話を聞いていると、なんとなく適当に選んで適当に飲んでいる人が多いようです。

そこで、「プロテインを選ぶ基準」「太らない飲み方」「実際にダイエットのプロが飲んでいるプロテイン」などについて書いてみました。