ダイエット

お腹の脂肪の三重苦[硬い][痛い][冷たい]でも痩せる方法

お腹の脂肪が硬いですか?痛いですか?冷たいですか?

お腹の贅肉を落としたくてお腹の脂肪が硬いのに腹筋や筋トレをしていませんか?

お腹の脂肪が硬い人は、腹筋をがんばっても痩せないし逆効果かもしれないんです。

お腹の脂肪が固い原因

お腹の肉が固い原因は、俗に言うセルライトです。

セルライトは、流れなかった老廃物がからまった脂肪細胞なので、普通の脂肪よりも硬くなっています。

硬い脂肪は冷たいことが多く、硬くて冷たい脂肪は血液やリンパの流れが悪くますます痩せない頑固な脂肪の塊になっているんです。

セルライトが頑固になればなるほどお腹の肉をつまむと痛いと感じるんです。

お腹の脂肪[硬い][痛い][冷たい]が痩せない理由

お腹の脂肪が硬くて冷たいままだと、運動をして全身は熱くなって汗が出てもお腹は硬く冷たいので運動の効果は感じられないんです。

お腹の肉が固い人は、運動をしても何をしてもお腹の肉が邪魔で苦しくて体を十分に動かすことができていません。

お腹が大きくて固い人は呼吸も十分にできないので、ちょっと運動しただけですぐに息が上がって苦しくなってしまいます。

硬くなったセルライトは運動しても筋トレしてもなくならないので、固いままのお腹ではいくら頑張っても痩せないダイエットになってしまうんです。

つらいですね。

お腹の脂肪は血行が悪いと痩せないんです。

お腹の硬い脂肪は柔らかくすると血行が良くなって暖かくなって痩せやすくなるんです。

お腹の肉が柔らかく暖かくなればつまんでも痛みはなくなります。

お腹を暖かくしたいなら柔らかくする事が先です。

柔らかくなって循環が良くなるからから暖かくなるんです。

腹筋を鍛えてもお腹の脂肪がなくならない理由がわかりますね。

お腹の脂肪[硬い][痛い][冷たい]は不健康

お腹の脂肪が「硬い」「痛い」「冷たい」の三重苦の人は、腸の調子が悪い人が多いのも特徴です。

厚くて硬い脂肪のせいで腸がうまく働いていないのかもしれません。

らいおん先生
らいおん先生
太っていてお腹が冷たかった頃はお腹が冷えて下痢っぽかったし、冷え性だった気がするニャ〜

便秘や軟便、下痢症などもお腹の脂肪の三重苦を解決する事でなくなるケースもあるんですよ。

ダイエットコースの生徒さんも腸の調子が悪くて悩んでいた人が多いけど、お腹の脂肪を減して栄養素を摂る事で不調がなくなったりしているんですよ。

お腹の脂肪の三重苦は、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)とも密接で生活習慣病などの病気リスクも高いので、お腹の硬い脂肪をなくして痩せることは健康にもいい事なんです。

お腹の脂肪が硬いまま体重が減っても、体の中心が硬くて冷たい人はリバウンドもしやすく太りやすいんです。

お腹の脂肪の三重苦「硬い」「痛い」「冷たい」を解決することは、太りやすい体から痩せやすい体に変わることでもあるんですよ。

お腹の硬い脂肪を柔らかくする方法

お腹の脂肪は柔らかくしないと痩せないことはわかりましたね。

ではどうやったら柔らかくなるでしょうか?

お腹の硬い脂肪が柔らかくなるだけで、体重はあまり変化しなくてもサイズダウンがおきてくるので、記事を参考に根気強く柔らかくしましょう。

 お腹の硬い脂肪が柔らかくなったら

お腹の硬い脂肪が柔らかくなったら、老廃物をリンパ節に流してお腹の循環を良くしましょう。

脚の付け根やみぞおちの奥に大きなリンパの流れがあるので、マッサージで流していくんです。

流れを止めないためにも股関節やみぞおち周辺も柔らかくした方ががいいんです。

お腹の硬くて痛い脂肪だけでなく、みぞおちから股関節までの広い範囲の脂肪を柔らかくするのが、お腹の脂肪を落としていくためのポイントです。

まとめ

  • お腹の脂肪は血行が悪いと痩せない
  • お腹の硬い脂肪は柔らかくすると血行が良くなって暖かくなって痩せやすくなる
  • お腹の脂肪の三重苦は、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)とも密接で生活習慣病などの病気リスクも高い
  • お腹の脂肪の三重苦「硬い」「痛い」「冷たい」を解決することは、太りやすい体から痩せやすい体に変わることでもある
  • みぞおちから股関節までの広い範囲の脂肪を柔らかくするのが、お腹の脂肪を落としていくためのポイント

 

おすすめ記事