ダイエット

【注意】腰回りの肉が冷たい人は脂肪を温めないと痩せない

腰回りの脂肪は落ちにくいと思いませんか?

らいおん先生
らいおん先生
腰回りの肉を触ってみて冷たいなら痩せにくい状態だニャ〜

腰回りの肉が冷たいのには理由があるんです。

腰まわりの脂肪は温めないと痩せないんです。

腰回りの肉が冷たい理由

腰回りを触ってみて冷たいですか?温かいですか?

腰回りに脂肪がたっぷり付いている女性の多くは、腰回りの肉が冷たいんです。

腰回りの肉が冷たくなっている人は、下半身全体の血行が悪くて太りやすい状態になっています。

血行が悪いところは痩せにくいんです。

だから、腰回りの肉を落としたかったら、筋トレするより、有酸素運動するより、温める方が効果的なんです。

意外ですね。

らいおん先生
らいおん先生
腰回りの脂肪が冷たい人は、おそらくお尻の脂肪も冷たいはずニャ

もし腰やお尻が冷たい上にセルライトのボコボコがあるなら、脂肪が硬くなってかなり血流が悪い状態なので、柔らかくして温かくしないと、何をどう頑張っても痩せないハズです。

腰回りの脂肪を温める方法

腰やお尻の血流を良くしないと痩せないことがわかっても、たっぷり脂肪がついた腰肉はどうやったら温めることが出来るんでしょうか。

温めるためにお風呂に入ったり、暖かい下着を選んだりするのも効果があるかもしれないけど、根本的な解決にはなりません。

外側から温めるのは一時的に温まってもすぐに脂肪は冷たくなっているハズです。

脂肪は内側から温めて、芯からあったかい状態にしないと痩せないんです。

内側から温めるために、ハーブティーや生姜湯などの温かい飲み物を飲むことも効果はあります。

でも温かいものを飲んだり食べたりしても、脂肪を直接暖かくすることは出来ません。

らいおん先生
らいおん先生
脂肪を温かくしたいなら、直接触って柔らかくすることが一番効果があるニャン

腰の肉を柔らかくほぐす方法

テニスボール
腰やお尻の肉を柔らかくほぐすために効果的なのは、テニスボールや筋膜をリリースしてほぐすために作られたボールなどの器具を使ってほぐす方法です。

腰肉の部分とお尻全体がほぐれるように、ボールを移動させて座ったり寝た体制になりながら、腰の横までコロコロさせてほぐすんです。

腰肉

腰回りが冷たい人は、腰だけでなくお尻もほぐすのがポイントです。

腰回りに溜まった老廃物を流すためにも、お尻のコリを取って腰周辺の血流を良くすることが必要なんです。

らいおん先生
らいおん先生
脂肪が冷たい人は、必ず痛いと感じる箇所があるので、そこはしっかりほぐして柔らかくした方が効率的に痩せるニャン。

腰のセルライトがほぐれて、腰の脂肪が柔らかくなってきたら痛みが軽くなってきます。

痛みが軽くなったら、肌の表面が温かくなっていませんか?

中から暖かくなったら血流が回復している状態です。

腰回りの脂肪が温かくなったら

腰回りの血流が回復して温かくなってきたら、痩せる準備ができています。

この状態になったら、やっと有酸素運動やスクワットや筋トレも効果が出るんです。

この状態なら、食事をコントロールしてダイエットしても体型が変になったりしません。

脂肪が冷たいままダイエットをして体重を減してしまったら、脂肪が柔らかいところだけが痩せて、痩せたい腰肉やお尻の肉が残って、どんどんおかしな体型になっていくんです。

小尻になりたい人は要注意

ましてや、お尻の脂肪が冷たい人がお尻の筋トレをして筋肉を大きくしてしまったら、脂肪がついたままでお尻が大きくなって、どうしたらいいかわからなくなってしまいますよ。

らいおん先生
らいおん先生
小尻を目指して巨尻になるケースがあるなんて怖いにゃ

 

ダイエットにはコツや段階があるから、自己流でやる人は体重や体脂肪を落とすことだけでなく体型を悪くしない知識も必要ですよ。

まとめ

  • 腰まわりの脂肪は温めないと痩せない
  • 腰回りの肉を落としたかったら、筋トレするより、有酸素運動するより、温める方が効果的
  • 脂肪を温かくしたいなら、直接触って柔らかくすることが一番効果がある
  • 腰回りに溜まった老廃物を流すためにも、お尻のコリを取って腰周辺の血流を良くすることが必要
  • 脂肪が冷たいままダイエットをして体重を減してしまったら、おかしな体型になっていく
  • ダイエットにはコツや段階がある

 

ストレッチランキング


部分痩せランキング

おすすめ記事