ボディケア

首の後ろの肉を落として痩せたダイエットの方法

首の後ろの肉の落とし方を、知っていますか?

なぜ首の後ろに脂肪がついてしまうのか、知っていますか?

「年齢のせいで首が太くなるのは仕方ない」と諦めていませんか?

 

首の後に肉が付くのは、年齢のせいだけではありません。

実は、若い女性にも首が太くなる悩みを抱えている人が増えています。

体は太っていなくても、首周りが太い女性は多いんです。

特に、首の後ろの肉が取れずに、肩から背中が丸くせり上がって、盛り上がった感じになっているのです。

ここでは、「首が太い」とか、「首の後ろの肉が気になる」とか、

「バッファロー肩」や「猪首」で見た目が悪い、という人が、首の後の脂肪を落として痩せるダイエットの方法を、書いていきますね。

実際に、ダイエットのコースで教えていて、効果が出ている方法です。

首の後ろについた肉は落とせるの?

首の後ろの肉は、ちゃんと理解してケアすれば落ちていきます。

今は首が太い人も、若い頃から太かったのではありません。

若い頃は首回りは華奢で細かったのに、いつの間にか首の後ろまで肉がついてしまった人がほとんどです。

若い頃にしていたネックレスが窮屈になって、初めて首が太くなったことに気づいたりします。

太っていないのに首の後に肉がついている人へ

体重が増えて首が太くなるのは理解できるけど、太っていないのに首の後に肉がついている人は、首が細くなるかどうか不安ですよね。

太くなった首が、どうやったら細くなるのかわからないままに、食事制限や筋トレの自己流ダイエットに取り組んでも、的外れな方法では、首の後ろの肉は取れないのです。

まずは、首が太くなる原因を知ることが大切です。

原因を知ってちゃんとケアすれば、太くなってしまった首の後ろの肉は、意外と簡単に落とせるのです。

首の後ろに脂肪がついて首が太くなる原因

首の後ろに脂肉がつく原因のひとつは、加齢によってカラダ全体の代謝が悪くなり、脂肪がつきやすくなって、少しずつ首の後ろの肉も、増えていくことです。

それとは別に、若い人でも痩せていても、首が太くなったり首の後ろの脂肪が増えていくのは、現代の生活習慣に原因があります。

この写真のような姿勢になっていませんか?

パソコンやスマートフォンが当たり前になって、姿勢が固まってしまうのが、よくないのです。

 

そのせいで、「猫背」や「巻き肩」になり、首や背中の動きが悪くなって脂肪が固くなり、セルライトになっていることが、若い人が首が太くなる原因のひとつです。

首だけでなく、背中全体の筋肉や脂肪が固まって、血流やリンパの流れが悪いことが、首に肉がつく大きな原因です。

こういう人の多くは、「頭痛」「肩こり」「目の疲れ」「腰痛」などの不調も抱えているケースが多いです。

こういう症状は、現代病と言えますね。

マッサージ

血流やリンパの流れが悪いのが原因なら、リンパマッサージに行けば治りそうですが、固くなってしまった脂肪は、週に1回や2回のマッサージで血流をよくしても、改善されないのが現実です。

リンパの流れを良くするケアと、流れが悪くならないための、日々の習慣が必要なんです。

首の後ろの肉を落とす方法について

首の後ろの脂肪を落として首を細くしたいなら、年齢に関係なく血流が良くなるケアが必要になります。

まず、首の後ろの肉を、手でグイグイとつかんで揉んでみて、もし痛かったら、筋トレは絶対にやめましょう。

首の肉を落とす筋トレをしてはいけません。

痛みがあるのは、周辺の脂肪が既に固まってしまっている状態です。

筋トレでますますパンパンに張って固くなって、痩せるのが遅くなってしまいます。

「ダイエット=筋トレ」と思っていたら、どんどん痩せにくいカラダになっていきます。

首の後ろの肉を落とすためには、まず伸ばしたりほぐしたりして、柔らかくして血流を良くすることを優先しましょう。

首の脂肪を取るために気をつけること

血流をよくするためには、血液やリンパ液が気持ちよく巡ってくれるカラダになる事が大切です。

血流を悪くする生活習慣を辞めて、血流が良くなる生活にかえればいいのです。

姿勢を改善して血流を良くする

姿勢で気をつけることは、猫背にならずに、なるべく背筋を伸ばして血流を妨げないようにすること。

同じ姿勢を長時間せずに、背伸びをしたり体をひねったりして動かすこと。

胸を開いて肩甲骨を寄せたり広げたりして、首をしっかり動かすこと。

普段動かしていない背中や肩を中心に、意識して動かしていきましょう。

首の周りの肉を取る方法

首はデリケートなので、ゆっくり左右に倒したり、上を向いたりしたを向いたりして首筋を伸ばしたり、右を向いたり左を向いたりして、首の筋を動かすこと。

こういう動きを、1日に何度もすることです。

血流が良くなることは気持ちがいいので、意識すれば徐々に習慣になってきます。

 

パソコンで仕事をしていても、背筋を伸ばしたり、肩甲骨を動かしたり、首を回したりすることはできますよね。

まず、「じーっとしない」ということです。

基本は「動かす」ことです。

首の肉を落とすマッサージの方法

首の肉を落としたいなら、そのためのマッサージをしましょう。

首の後ろの肉をグッとつかんでみて痛いなら、モミモミほぐします。

後頭部全体もほぐすと、頭や首の血流が良くなって、頭痛や目の疲れの改善にもなります。

左右の耳を引っ張ったり揉んだりしても、血流が良くなって気持ちいいですよ。

首の後ろの肉をとるために、一生懸命に筋トレをしている人は、筋トレよりも先に、硬くなった首の肉をほぐして柔らかくすることをしましょう。

最後に

「動かす」「ほぐす」「流す」の一連の動きを、日々の習慣にすることで、首の後ろの肉が少しずつ減っていくのです。

体重が多い人は、この動きと並行して食事のコントロールも必要です。

体重や体脂肪が多いままでは、首は細くはなりません。

痩せて、首の後ろの肉が減ると、ネックレスも余裕ができて、横からのシルエットもかなり若くなりますよ。

まとめ

  • 太くなった首の後ろの肉はマッサージで血流を良くすれば落ちていく。
  • 筋トレよりも柔らかくする方が効果的。
  • 体重が多い人は、食事のコントロールで体重は落とした方がいい。