ダイエット

腕のぶよぶよの正体は脂肪ではないから痩せても消えません

二の腕のぶよぶよのたるみが気になりますか?

ぶよぶよは気になるけど太っていて脂肪がたっぷりだから仕方ないと諦めてますか?

若くても痩せていても二の腕のたるみで悩んでいる女性は多いんですよ。

なぜ痩せていても腕がぶよぶよになるんでしょうか。

二の腕のぶよぶよの正体を知っていますか?

腕のぶよぶよの正体について

腕のぶよぶよの原因は筋肉不足で筋トレをすればなくなると思っている人も多いけど、筋トレとは関係ありません。

その証拠に、ダイエットコースの生徒さんたちは、筋トレをしなくても引き締まってサイズダウンしているからです。

筋トレよりも、まずはちゃんとケアをすればいいんです。

では何をどうすればいいんでしょうか?

実は、腕のぶよぶよのたるみの正体は、脂肪ではなく老廃物なんです。

本来ならちゃんと流れて行くべきのリンパがうまく流れずに滞ってしまったものが老廃物で、それが溜まったものが腕がぶよぶよになる原因なんです。

カオリ先生
カオリ先生
老廃物が溜まった二の腕は、たるみの部分をギュッギュッとつまんだら痛いのですぐわかるんです。

痛かったら老廃物が溜まってますよ。

太っている人は脂肪の重さでたるんでいるのは確かですが、痩せていてもたるんでいるのは、脂肪ではなく老廃物が原因だからです。

痩せているのに二の腕がぶよぶよしていて、ぶよぶよの正体が老廃物だと知ったので、ちゃんとすればいいんです。

ケアをすることで意外と簡単にスッキリした二の腕になれるんです。

それは太っている人も同じです。

ただ、太っている人は脂肪細胞が大きく塊になっているせいで、太くて硬い腕の人が多いので、ブヨブヨのケアは硬い腕が柔らかくなってからですが。

年齢のせいでたるんだ腕にも、老廃物が溜まってその重みで、たるみをひどくしています。

老廃物が流れるマッサージをすればかなりスッキリした腕になりますよ。

痩せていても、太っていても、老化していても、みんなたるみの原因が老廃物なんです。

程度の差はあるけど、老廃物がなくなれば確実に腕のぶよぶよのたるみは改善するんです。

腕の脂肪が少なくてもぶよぶよになる理由

腕のぶよぶよの正体は、本来ならちゃんと流れて行くべきのリンパがうまく流れずに滞ってしまった老廃物と説明しました。

老廃物が流れて行くリンパの節目は体の所々にあって、脇のところにもリンパの大きな節目があります。

その周辺に、流れをせき止めるものがあったり、動きが悪くて先に進めないときに老廃物が留まって重くなってぶよぶよのたるみの原因になるんです。

腕のぶよぶよを取るマッサージのポイント

ぶよぶよの原因の老廃物をマッサージで流しましょう。

腕の老廃物を流すためには、二の腕だけをマッサージしてもダメなんです。

手の甲から脇までの間をしっかりほぐしてマッサージする必要があるんです。

まずはリンパの近くの脇の部分をほぐしましょう。

脇をほぐすためにはストレッチポールを使うと広い範囲を効率よくほぐすことができます。


老廃物が溜まった脇をストレッチポールでほぐすと、きっと痛いと思うのでゆっくり体重を乗せながらほぐしましょう。

脇の痛みが軽くなったら、

手の甲〜手首〜腕〜二の腕〜脇

この順序でマッサージするんです。

二の腕のぶよぶよを取り除きたくて二の腕だけをマッサージしたり、筋トレしたりして腕を細くしようとしても、細くならないんです。

大きな流れができるように、手の先から脇までの全体を、腕の肉をつまんだりひねったりしながらマッサージするのがポイントです。

ストレッチと筋トレで効果を倍増する

腕のストレッチ肩甲骨ストレッチ

痛みがなくなったら、腕が細くなり始めます。

ストレッチも取り入れて筋膜を伸ばして大きく循環させましょうね。

筋力をつけたい人は筋トレを組み合わせて引き締めて形のいい腕にしましょう。

ある程度ぶよぶよがなくなったら、筋トレをすれば筋トレの効果が出てきます。

老廃物が溜まったままで筋トレしても腕は細くはならないんです。

まずは流れを良くして細くなってから筋トレすることできれいな形の腕になるんです。

まとめ

  • 若くても痩せていても二の腕のたるみで悩んでいる女性は多い
  • 腕のぶよぶよのたるみの正体は、脂肪ではなく老廃物
  • 腕の老廃物を流すためには、二の腕だけをマッサージしてもダメ
  • 脇をほぐすためにはストレッチポールを使うと広い範囲を効率よくほぐすことができる
  • 大きな流れができるように、手の先から脇までの全体を、腕の肉をつまんだりひねったりしながらマッサージするのがポイント
おすすめ記事