ダイエット

ピラティスで痩せる人と痩せない人はココが違う

ピラティスで痩せる人と痩せない人には、ちょっとした違いがあるんです。

実際にうちのダイエットコースの運動の部分は、ピラティスをベースにしていて、その運動で生徒さんはグングン痩せているので、ピラティスは痩せる要素があるんです。

でも、ピラティスのどんな動きが痩せる運動かわかってないと痩せないんです。

コースでは生徒さんの、体型の悩みや運動のレベルを考えながら、教える内容を選んでいるので、ここではすべての人に共通する基本について触れてみます。

ピラティスをダイエットに選んだ理由

ピラティスはもともとリハビリを目的に考案されたトレーニングなので、動きはとても小さくて、しかも寝たままの状態でするトレーニングが多いんです。

ダイエットが必要な状態の人は、体重が重く太っているので、立った姿勢のトレーニングはとてもキツくて継続できないから、寝たままできるピラティスはオススメです。

太っているとスクワットもキツイので、ダイエットの運動が最初からスクワットだったら多くの人が挫折したと思います。

スクワットは効率のいいトレーニングだけど、継続できなかったら意味がないですよね。

短期集中のダイエットジムの厳しい筋トレコースを選ぶ人をみると、驚くと共に感心してしまします。

ダイエットコースをピラティスを主体に組んだのは、自分自身が寝たままできるトレーニングがとても楽だったからなんです。

ピラティスがダイエットに適しているのは、太った人にも楽で寝たままできるダイエットの運動だからです。

リハビリがベースなので負荷が軽い運動も多く、運動経験や年齢に関係なくできるのも理由のひとつです。

ピラティスで痩せない人の特徴

ピラティスは体幹のトレーニングになるから、体幹を鍛えて筋肉がついて基礎代謝がアップするという人もいるけど、ダイエット目的のピラティスは、負荷が軽い方がいいので基礎代謝がアップするほどは筋肉はつきません。

体幹を鍛えれば筋肉がついて痩せやすくなると思っている人は、ダイエットには関係ない動きをがんばりすぎて、体が硬くなって痩せにくい傾向があります。

ピラティスで痩せないのは、負荷が高い運動をやりすぎてる人なんです。

ピラティスにもいくつか種類があるんです。

マットピラティスやリフォーマーというピラティス専用のマシーンを使ったピラティス、呼吸を中心にしたピラティスもあるし、筋トレ要素が高いピラティスもいろいろ経験しました。

これらの中で、負荷が小さくていつでも誰でもできる運動が、痩せるためのピラティスにオススメの動きです。

自分にとって負荷が大きすぎると、苦しくてストレスになり、継続が困難になったり、食欲のスイッチが入ってしまって、痩せにくいリズムになってしまいます。

ダイエットはリズムが大事なので、筋肉を鍛えることを目的にせずに、気持ち良く継続できることを大切にしましょう。

ピラティスで痩せる方法

すべての人にやってもらう一番おすすめは「ローリングライクアボール」です。

体育座りの状態からゴロンと転がって起き上がる動きです。

誰でもできそうなこの動きが、太っているアラフォー女性にはできない人が多いんです。

やってみてください。

この動きは、バランスをとる筋肉を鍛えること、背骨周りを刺激すること、腹筋を鍛えることが同時にできる動きです。

簡単だけど、ピラティスで痩せるためには外せない動きなんです。

ピラティスの「腹筋」なら「クリスクロス」や「ハンドレッド」をイメージするかもしれないけど、太っていると辛くないですか?

私は辛いと感じた運動は排除して、軽い運動だけど痩せることができましたよ。

ダイエットコースの生徒さんも、本人が辛いと感じる動きはやめてもらってます。

「ローリングライクアボール」ができるようになるだけで、かなりお腹は引き締まってくるんですよ。

ストレッチポールでほぐす

これはマットピラティスでやることが多いと思います。

ストレッチポール(ピラティスポールとかヨガポールともいう)を使って、硬くなった筋肉を体重で圧をかけてほぐします。

老廃物が溜まっていたり、セルライトになって血流が悪くなっている人は、このほぐしが効果的です。

ほぐしをせずにピラティスの動きを頑張っても痩せないんです。

ピラティスで体幹を鍛えることや骨盤の位置を整えることは、しないよりした方がいいけど、ダイエットには直結していないんです。

あわせて読みたい
ストレッチポールで痩せたのは痛いけど続けた人ストレッチポールで痩せたのは痛いけど続けた人です。 ストレッチポールって、最初に使った時にあまりに痛いからやめちゃう人が多いんだけ...
あわせて読みたい
セルライトは痛いから、潰すよりストレッチポールで痩せようセルライトは痛いですよね。 痛くて見た目が悪いセルライトはストレッチポールで効率よく取り除けるんです。 セルライトは、痩せれ...

痩せる呼吸

ピラティスの呼吸は腹式呼吸ではなくて胸式呼吸です。

肋骨の中いっぱいに空気を入れて、お腹は腹圧をかけたまま息を吸ったり吐いたりします。

呼吸で酸素をいっぱい取り込んで細胞に酸素が行き渡ると、燃焼効率がいい状態になり、汗ばんできます。

太っている時は、汗が滝のように出たりします。

この呼吸法がダイエットに効果がある呼吸なんです。

ピラティスの呼吸も「ローリングライクアボール」も簡単な動きですよね。

こういう負荷の低い組み合わせで痩せることはできるので、食事にも気をつけながらやってみてくださいね。

ダイエットには、直接効果があることと、やらないよりやった方がいい程度のことがあり、それらがごちゃ混ぜになってネットやテレビや雑誌を埋め尽くしています。

自分のタイプに合った効果的な情報を選べるように、選択の基準を持ちましょう。

 

おすすめ記事