ライフ

「サンラメラは暖まらない」と言う人が知らない使い方のコツ

遠赤外線パネルヒーターのサンラメラを10年以上愛用していて気づいたことがあります。

全体的には満足しているけど、サンラメラはいくつか特徴を理解しないと暖まらないんです。

サンラメラの効果的な使い方のコツについて、愛用者の視点で書いてみます。

福岡県で使っていますが、九州だけど福岡県は北にあるので、冬は東京より寒いくらい冷えるんですよ。

サンラメラは急には暖まらない

サンラメラは暖まるまでに時間がかかるんです。

それが使いにくいという人もいますね。

それはサンラメラの仕組みとして仕方ないことなんです。

セラミックのパネルが暖かくなることで熱が発生するので、それまでの時間がかかるんです。

快適に使うためには、サンラメラの特徴を理解して使いましょう。

サンラメラはすぐには暖かくならないから、すぐに暖かくなる暖房と組み合わせるのがいいんです。

すごく寒い朝などは、サンラメラと同時にエアコン暖房も使います。

部屋の空気全体が暖まって、サンラメラのパネルが暖かくなっていたらエアコンを消すか、暖房を18度に設定して室温が下がらないようにします。

18度に設定していると、エアコンはスイッチがオンになったりオフになったりしながら室温を保ってくれるので、快適で電気代の無駄もありません。

でも部屋全体が暖まるだけでは足元がしんしん冷えて辛くなるんです。

ダイエット的にも、「冷え」対策は必要です。

冷えて血行が悪くなると脂肪がつきやすくなり取れにくくなるんです。

足が冷えると足首やふくらはぎが、むくみやすくなり足が太くなるので暖かくしたほうがいいんです。

サンラメラでは広範囲は暖まらない

サンラメラは、石油ファンヒーターのような熱風を出すわけではないので、部屋全体を暖めるのには適していません。

暖まるのが遅くて、部屋全体が暖かくならない暖房器具になぜこんなに愛用者が多いのか不思議ですよね。

サンラメラは、暖かくしたいところが暖かくなるんです。

特に足元には最適です。

部屋全体はエアコンで18度以下にはならないように設定して、足元がポカポカになると、とても快適で動きやすいんです。

足元を暖めるためにテーブルの下に置いています。

もしこれが火が出る暖房機器なら怖くてテーブルの下に置くことはできませんよね。

サンラメラはセラミックのパネルを温めて、そのセラミックパネルから出る熱で暖まるので、置き場所を選ばないんです。

安全なので、つけっぱなしで寝ても大丈夫です。

音も臭いも風も出ない、静かでおとなしい暖房機器なんです。

サンラメラは床だと暖まらない

サンラメラは暖まらないと思っている人は、リビングの床に直接置いて使っていませんか?

それでは熱が逃げてしまって効率が悪いんです。

サンラメラは安全な暖房器具なので、ウチではファータイプのラグの上に置いて使っています。

テーブルの足元を暖めるために、玄関マットくらいのサイズの、安価なファーラグを敷いているんです。

このファーラグに熱が貯まって床暖房みたいな暖かさになるんです。

ファーラグを大きくすれば暖まる範囲も広くなるけど、掃除がしやすいように、必要最低限の大きさを選んでいます。

ライフスタイルに合わせて暖かくしたいサイズを変えることができるのも、サンラメラの使い易さの一つです。

サンラメラは故障すると暖まらない

故障すると暖まらないのは当然と思うかもしれないけど、色も風も出ない静かな暖房器具なので、見た目では故障がわからないんです。

1台は、なんとなくいつもみたいに暖かくならないと思っていたら、少しずつ暖まらなくなって最終的に故障してしまったんです。

もう1台の故障の時はちょっと驚いたので書いておきます。

安全で火が出ないはずのサンラメラのパネルの一部がオレンジ色になって煙が出たんです。

驚きますよね。

十数年前はサンラメラを使っている人が少なかったからか、アイエフに電話して状況を説明しても、「煙なんか出るはずがない」という態度で不快な対応だったけど、今は故障の時の症状として体験者から情報が出ているようなので、アイエフも把握していると思います。

オレンジ色は発火したわけではなく、接触不良になって火花が散ったという説明だったけど、それは発火と言わないのかどうかはモヤっとして終わりました。

サンラメラの故障と修理

サンラメラは自宅と実家で600タイプを4台使っていますが、今まで2台が1回ずつ故障しました。

これを多いと思うか少ないと思うかは人によるでしょうが、修理は修理センターに送る形で対応しているようです。

保証期間は5年間で、サンラメラの裏にある製品番号で購入者や時期まで把握できているようでした。

1台は保証期間外で有償修理で15000円程度だったと思います。

もう1台は保証期間内で無料の修理で、最近はサンラメラを送るための箱を先に送ってくれるようになっていました。

保証期間が5年と長いことは良心的だと思います。

保証のことを考えると、中古品やオークションで買うことは避けたほうがいいのではと思います。

5年保証も込み込みでの価格なので、一時的に安く買うことが得なのか損なのかは考えたいところです。

サンラメラの電気代

サンラメラの600タイプは、400wと600wの切り替えで、メインには400ワットを使っています。

寒い時は600ワットも使うけど、寒い時はエアコンを併用するので基本的には400ワットがメイン。

寒い日は付けっ放しで寝るし、近所のスーパーへ買い物に行くくらいの外出では消さないで2台使っているので、冬になると電気代はそれなりに上がります。

サンラメラにかかる電気代は、2台で8000〜1万円くらいかな。

これは快適に暮らす経費としては納得の価格です。

600ワットメインの人はもっとかかるだるし、寒い地区や木造家屋ならまた満足度にも違いがあるでしょう。

ウチでは満足しています。

石油ファンヒーターみたいに灯油を買う必要はないし、灯油をポンプで入れる必要もない。

スイッチだけで音も臭いもなく暖かくなる。

ミニマムで使いやすい暖房器具だと思います。