ダイエット

運動なしのダイエットの方法で見た目が変化する

運動がきらいだし、筋トレもしたくないという女性は多いんです。

女性の場合は、運動の強度はダイエットにはあまり関係がないので、運動が苦手な人や、つらい筋トレをしたくない人は、運動なしのダイエットの方法を選ぶことをオススメします。

運動なしのダイエットの方法でも見た目は変わる?

OTONAダイエットのコースは30代40代のアラフォー女性が対象の3ヶ月コースで、厳しい運動はしないけど、本人もびっくりするくらいに痩せています。

多くのアラフォー女性は、年齢と共に痩せにくくなったことや、全体がたるんで体型が崩れたことなどに悩んでいますが、無理をせずにダイエットにちゃんと取り組むと、気になっていたお腹や腕もスッキリして、10歳くらい若返ります。

ダイエット結果

運動なしのダイエットでも見た目が変化する理由

運動なしのダイエットでも見た目が変わる理由は、運動とダイエットは関係がないからです。

「ダイエットの運動」と聞くと、どんな運動をイメージしますか?

ほとんどの人は、「筋トレ」「有酸素運動」をイメージしていて、筋トレのマシーンを使ったトレーニングや、正しい姿勢を保ちながらするスクワット、ジョギング、ウォーキングなどをしないといけないと思っています。

それらは何のための運動でしょうか?

筋トレで筋肉を鍛えて、筋肉量を増やして基礎代謝を上げるとか、ジョギングして脂肪を燃焼するとかでしょうか?

そんな大変なことをしなくても、体重や体脂肪は減っていきます。

もし、いま苦しいダイエットをしているなら、一度立ち止まって運動なしのダイエットに切り替えた方がいいかもしれませんよ。

うちには、さまざまなダイエットを試したけど、痩せなかったりリバウンドしてしまって、どうしたらいいかわからなくなった女性が、半信半疑でスタートして、どんどん痩せてキレイになっていってます。

だから、事実として、運動なしのダイエットで、きれいに痩せれると言えるんです。

運動なしのダイエットでも見た目が変化する方法

ダイエットの基本は、【食事】【運動】【メンタル】の改善からスタートします。

ここでの「運動」はトレーニングではなく体を動かすだけで、鍛えたり息が上がるような運動ではありませんよ。

運動といっても、生活の中でできることの中で無理なくカラダを動かす習慣をつけてもらうようにするだけです。

生徒さんたちは、こんな動きだけで痩せることに驚いています。

運動なしのダイエットでも見た目が変化する運動

ダイエットの運動は、筋肉を肥大させることが目的ではないので、負荷が大きいものである必要はありません。

逆に負荷が大きい運動は、ストレスになったり、カラダが固くなったりで、ダイエットの妨げになると感じています。

ダイエットのための運動のいちばんの目的は、「血流」をよくすることなので、
ふだん使ってない部分を動かすようにするのが目的です。

血液やリンパ液が、体の隅々まで気持ちよく流れて行く様子をイメージしてください。

硬くなったり詰まったり滞ったりすると流れが悪くなるのがわかりますね。

特に、足は心臓から離れた下の方にあるので、老廃物を回収するリンパ液がうまく戻ってこれずに、溜まってしまって「むくみ」の原因になったりもします。

そういう部分がなくなるように日々の生活の中で、カラダを動かすのがダイエットに効果的な運動ということです。

だから、筋トレやジョギングなどの有酸素運動ではなく、手足をグッパグッパと閉じたり開いたりしたり、手首や足首を伸ばしたり回したり、

背伸びをしたりダラーンと前屈したり、

というところから始まります。

足や背中の脂肪や筋肉が固まって動きが悪くて可動域が狭い人は、
テニスボールやストレッチボールの上に乗って、カラダをほぐすことを優先します。

ふだん動いてなくて固まった筋肉や脂肪は、圧力がかかると、びっくりするくらい痛みを感じますが、そこはリハビリと思って、ほぐれてくるまで毎日続けていきましょう。

ポールに身を預けて乗っているだけなのに、すごい運動をしたくらいに体が暑くなって汗が大量に出ます。

2週間くらい続けると、痛みが穏やかになって、柔らかくなってきます。
肌の表面が暖かくなったり、汗をかきやすくなったりするので、血行が良くなったことに自分でも気づきます。

この段階で、血液や体液の流れが良くなり、脂肪が分解されやすくなって、サイズダウンが起こり始めます。

やってる事は、全身のコリをほぐす事なので、腰痛や肩こりが改善され始めるので、
体が軽くなり、気分も明るくやる気が出てきます。

そうすると、もう少しカラダを動かして見たくなるのです。

だから、辛い運動をする事なく、気持ちいい程度にカラダを動かしながら痩せて行くことができるのです。

運動なしのダイエットでも見た目が変化する食事

血流を良くするためには、血液の材料になる栄養素が必要です。

栄養素が不十分だと血液そのものが少ないので、体を構成するタンパク質をしっかり摂る食事にすることも、同時進行してもらいます。

食事も、ライフスタイルに合うように無理なく続けられて栄養素が摂れる食事を見つけていきます。

食事も運動も、あまり大げさに考えずに、マイナスの習慣をやめて、体が喜ぶ習慣を取り入れることで、自然ときれいに変わって行くのです。

ダイエットは、正しい知識と習慣があれば、案外簡単に成功するのです。

おすすめ記事