運動

《トランポリン》痩せない人の5つの間違い「痩せる方法も」

ダイエットにトランポリンを使っている人が増えています。

でも、トランポリンで痩せた人や痩せなかった人がいます。

その違いは何でしょうか。

トランポリンは目的によって使い方が違うので、痩せるためにはダイエットに合った使い方が必要です。

トランポリンで痩せなかった人のよくある間違いや、痩せる方法などをまとめてみます。

トランポリンで痩せない人の5つの間違い

トランポリンで痩せなかった人は、トランポリンの使い方を少し間違っています。

トランポリンの運動には大きく分けて4つの目的があり、それぞれ使い方が違います。

トランポリンの運動の目的
  • 気分転換
  • 運動不足の解消
  • ダイエット
  • トレーニング

このように目的があるので、目的がダイエットの人はダイエットに合った使い方をしましょう。

次に痩せない人のよくある間違いについて説明します。

運動の負荷

「トランポリンは痩せない」「自分には向いていない」というふうに感じている人のよくある間違いは、負荷が大きすぎるということです。

がんばってしっかり筋肉を使ってジャンプして、筋トレのようになっている人が多いのです。

この状態は太腿やお尻を使いすぎて、筋肉が痩せにくい状態になってしまうので気をつけましょう。

痩せる動きと鍛える動きはまったく違うので、ダイエットには負荷の大きい動きは必要ありません。

時間の長さ

トランポリンはどのくらいの時間やっていますか?

痩せるために頑張る人は1時間くらいやったりしていませんか?

トランポリンはやり方によっては負荷が大きくなるので、足首や膝の故障の原因にもなるし、ダイエットが目的なら1時間は長すぎます。

姿勢・体勢

跳ぶ時の姿勢はどうなっていますか?

痩せようと思うとついチカラが入りやすい姿勢になってしまいます。

力んでしまうと痩せにくくなります。

時間帯・頻度

トランポリンのような運動は、頻度や時間帯もダイエットに影響します。

毎日1時間くらい寝る前にしている人がいましたが、ダイエットには適していません。

食事

食事を変えずに運動をしても思ったように痩せることはできません。

食べすぎていたり、栄養のバランスが悪かったり、食べる時間帯と量が違っていたり、痩せないのには理由があります。

以上の5つがよくある間違いですが、どれか思い当たる項目はありましたか?

トランポリンで痩せる方法

では、痩せるための方法です。

痩せるためには、5つの間違いで思い当たる部分があれば変えていきましょう。

運動の負荷

ダイエットは運動の負荷が大きすぎると、筋肉が固くなって痩せにくくなったり、ストレスで食事が乱れたりして失敗のリスクが高まります。

気持ちよく歌いながらできるくらいが丁度いい負荷です。

汗だくになるのはダイエットにはやりすぎです。

がんばっている人にとっては思っているより軽いのではないですか?

時間の長さ

時間の長さも長すぎる人が多いですね。

体が汗ばむくらいがいいので、個人差はあるけど5〜10分程度ではないでしょうか。

好きな歌を1〜3曲くらい歌う長さです。

姿勢・体勢

がんばってしまうと、肩にチカラが入ったり、太腿やお尻に負荷が大きい姿勢になる人がいます。

肩の力を抜いてリラックスできる状態で、全身が揺れるようなジャンプの方がダイエットには適しています。

時間帯・頻度

おすすめの時間帯は朝昼夜、気がついたら少しジャンプするのが適しています。

眠っていた体にスイッチを入れるためにも、特に朝はおすすめです。朝は毎日やりましょう。

食事

ダイエット成功の80%は食事です。

よい食事は健康のためにも必要なので、量や質を見直しましょう。

基本は【高たんぱく低糖質】【腹八分目】です。

食事を見直してライフスタイルにあった食生活に改善することで、ダイエットはうまくいくしリバウンドの心配もなくなります。

最後に

いかがでしたか?

ダイエットの運動は、負荷の大きい鍛える運動ではなく、継続できるレベルの気持ちいい運動の方が適しています。

特に朝の軽い運動は効果的なのでおすすめです。

一時的なトレーニングよりも、継続できる軽い運動を習慣にしてリバウンドに悩まなくていいダイエットを選びましょうね。

【専門家が教える】プロテインの飲み方・選び方

ダイエットのためにプロテインを飲んでいる人が増えてきました。

話を聞いていると、なんとなく適当に選んで適当に飲んでいる人が多いようです。

そこで、「プロテインを選ぶ基準」「太らない飲み方」「実際にダイエットのプロが飲んでいるプロテイン」などについて書いてみました。