運動

ヨガマットの厚さ|8〜10ミリがおすすめの理由と使い方

ヨガマットがあれば、ヨガをしない人でも自宅で簡単に運動ができます。

自宅で運動する習慣は、ダイエットにも健康にも役立つ良い習慣です。

ヨガマットを買う時の選び方の質問があったので、選ぶ時のポイントについて書いてみますね。

ヨガマットを選ぶポイント

ヨガマットを選ぶ時には、

「ブランド」

「人気・評判」

「価格」

「使いやすさ」

「耐久性」

「サイズ・厚さ」

「カラー・デザイン」

など気になるポイントがいくつかあると思います。

ヨガマットを選ぶ時は、「目的」をしっかり考えないと失敗します。

携帯するなら折り畳めて軽いほうがいいですよね。

目的によって選ぶ時のポイントは変わることを理解しましょう。

ヨガマットの厚さは8〜10ミリがおすすめ

自宅運動用のヨガマットの厚さは、8〜10ミリがいいと思っています。

自宅でヨガマットを使う人の多くは、フローリングの床の上で使うと思います。

床の上で肘や膝をついたら痛いですよね。

痛みを軽減するためには、8ミリ以上の厚みがあるのもをおすすめします。

ヨガ初心者や運動に慣れていない人や体重が重い人は、痛みがあると運動のモチベーションはダウンしてしまい、せっかく運動をスタートしても途中で挫折してしまいます。

自宅の運動を継続するためには、気持ちいいくらいがいいのです。

8ミリは選択肢も多いのでカラーも豊富です。

初めてのヨガマットなら、このような低価格なものからのスタートでもいいと思います。

ヨガブランドのヨガマットは厚みが4〜6ミリが多いようです。

ヨガをしっかりやりたくなったら、本格的にヨガをやって人から人気の「マンドゥカ」など、自分の好みにあったヨガマットを選んでみると楽しいと思います。

床がやわらかいなら6ミリもおすすめ

畳の上で使う人や、柔らかい素材のフローリングで使う人なら、6ミリでも大丈夫です。

ウチでは畳の上で使う時は、実際に6ミリの「アクティブウィナー」のヨガマットも使っています。

厚さ6ミリのヨガマットは、普通のフローリングの上で使うと、背骨や膝に痛みを感じて運動を快適に継続する事ができません。

岩盤ホットヨガのスタジオで6ミリのマットを使った時は、膝が痛くてポーズに集中することができませんでした。

使う場所も考えて選びましょう。

感想・レビューの見方

ヨガマットを買うときには、アマゾンや楽天市場を利用する人は多いと思います。

実際に使っている人の感想は参考になりますよね。

でも、どんな目的で使っているかはチェックしましょう。

ヨガをやっている人なら、ダウンドッグは必ずするポーズなので、「滑りにくい」「伸びない」「グリップがいい」などのこだわりがあります。

トレーニングやストレッチが目的の人なら、使い心地よりも「匂い」が気になったりします。

レビューを参考にする時も、「目的」を忘れないことは大切です。

《失敗しないダイエットの基本》オンラインセミナー始めます

運動きらい食べるの大好きな女性たちの「痩せたい!」を応援するために、オンラインセミナーをスタートします。

ダイエットは、「太った原因」や「体の状態」、「生活環境」「生活習慣」「好み」「得意・不得意」などが違うために、すべての人が同じ情報で痩せることはできません。

健康に無理なく痩せるための食事や運動の、「内容」や「タイミング」も人それぞれです。

そのため、OTONAダイエットは通常はパーソナルなレッスンをしています。

だけど、すべての人に共通する基本があるので、そういう情報をオンラインセミナーで発信することにしました。

ダイエットの基本が分からないために、いろんな情報に振り回されて、リバウンドを繰り返したり、体型が悪くなったりして、ダイエット難民になっている女性たちを多く見かけます。

そんな女性たちが一生迷わないために、実際にダイエットコースの現場で結果を出している正しい知識のエッセンスをお伝えします。

健康で美しく痩せるためには、無理のないダイエットの知識が必要です。

知識があれば、簡単に自分の体をコントロールできるようになるのです。

玉石混淆の情報があふれる今の時代に、この知識は、あなただけでなく、あなたの大切な人を守る武器になるはずです。

 

興味がある講座があれば「受けたいボタン」を押してください。

要望が多い内容から開講します。

セミナー詳細

ストアカ生徒登録がまだの方は登録が必要です 《ストアカ無料登録》ページへ