ダイエット

ホットヨガ週3でダイエット効果がある人とない人の違い

実際にホットヨガに週3ペースで行ってみて気づいた事があります。

ホットヨガに行く目的がダイエットならあまり勧めません。

でもホットヨガが好きで、ホットヨガで痩せたいなら、効果がある人とない人の違いを理解しておく必要があります。

ダイエットのポイントを理解していないと、週3ペースでホットヨガに行っても痩せることはできないんです。

ホットヨガにダイエット効果がない理由

ホットヨガで汗をいっぱいかけば痩せると思っているなら、それは誤解です。

汗とダイエットは関係ありません。

ボクサーや格闘技の選手が計量前に体の水分を出し切って体重を落とす時は汗も関係あるかもしれないけど、ダイエットで痩せたいなら汗は関係ないんです。

むしろ、汗で体の水分量が減ってしまうと、筋肉が固くなって動きが悪くなったり、血流が悪くなったりして逆効果になることもあるんです。

水をしっかり飲まないと痩せないだけでなく健康にも問題がるので、汗をかけば痩せるという考えはやめて、水をしっかり飲んで汗で失った水分を補って循環させるようにしましょう。

ホットヨガが好きですか?

もしあまり好きではないけど、痩せるために頑張ってホットヨガスタジオに行っているなら、ホットヨガでは痩せない人です。

特に痩せにくい人は、ホットヨガが好きではないのに、早く痩せたいと思って頑張ってレベルの高いクラスに行っている人です。

ヨガはリラックスする運動に見えるけど、レベルの高いクラスは運動強度が高くてかなりハードなんです。

筋トレ要素の高いホーズも多く、暑いスタジオの中で負荷が高いポーズをやっていると苦しくなるし、クラクラしてグッタリすることもありました。

ダウンドッグはヨガでは外せないポーズだけど、ホットヨガは普通のヨガよりも負担なので、ダウンドッグも太っている人にとっては苦しいポーズです。

チャトランガなどのポーズは、太っている人は頑張れば頑張るほど肩や腕が太くなってガチムチ女子プロレスラー体型になります。

ダイエットの運動は、苦しい、辞めたいと感じるなら失敗します。

ダイエットの運動は、「楽しい」「気持ちいい」「好き」というものが適しています。

痩せるために好きでもないのにホットヨガに行っているなら、痩せれないかリバウンドしてしまうので、別の楽しい運動に変えることをお勧めします。

らいおん先生
らいおん先生
暑いスタジオでヨガのポーズをするのが辛くて辞めたにゃ〜

冬は暖かくて気持ちよかったけど、ポーズが辛かったから岩盤浴の方が好きにゃん

ホットヨガで痩せる人痩せない人

まず、ホットヨガで痩せる人は、ホットヨガが気持ち良くて楽しい人です。

もし今、ホットヨガに行っているのに痩せない人や、ホットヨガが苦しい人は、まずはすぐにレベルを下げましょう。

ほとんど岩盤浴程度のレベルに下げると痩せやすくなります。

もし岩盤浴のレベルにしても暑くて苦しくて好きになれないなら、ホットヨガはやめて常温のヨガか別の運動に変えた方が痩せやすくなるんです。

「気持ちいい」「楽しい」「好き」がチェックポイントです。

週3回行ってみれば好きかどうかがわかります。

自分の感覚で判断しましょう。

らいおん先生
らいおん先生
自分の感覚を大切にすることはハッピーなダイエットに必要にゃん

ホットヨガが好きなのに痩せない人が痩せる方法

ホットヨガが好きなのに痩せない人は、「食事」と「運動」を見直して生活全体を整える事が必要です。

ダイエットの運動は、血流が良くなる程度が適しています。

好きで無理のないレベルのホットヨガを週3回しているなら、運動はだいたい合格です。

食事はどうですか?

ダイエットの主役は食事なんです。

運動をしっかりすれば痩せると思っているなら、食事にエラーが多いかもしれませんね。

食事の目的は、お腹いっぱいになることではありませんよ。

食事の目的は、体が機能するように体に栄養を補って、毎日生まれ変わる細胞を作るために必要な栄養素を与えることです。

自分の体のメンテナンスをするようなイメージです。

人間の体に必要な6大栄養素は、タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、食物繊維です。

これらの栄養を、食事や安全な原材料で作られたサプリメントなどを併用して、自分の体に与える事が大切です。

もし、ホットヨガが好きなのに痩せないなら、食事を見直してみてくださいね。

太っているのには絶対に原因があるので、その原因を改善すれば体は痩せようとするようになり、徐々に「やせ体質」になっていくんです。

ダイエットは「食事」と「運動」を整えて、無理なく痩せる体質に変わるのがいちばん簡単で早い方法です。

ダイエットには我慢が必要だと勘違いして、「食事」と「運動」も我慢するダイエットに取り組んでいるなら、すぐに見直した方がいいですよ。

おすすめ記事