メンタル

ぽっちゃり女性の体重は何キロ?《ぽっちゃりの意外な現実》

ぽっちゃり女性限定の婚活パーティーなど開催されていて、婚活でもぽっちゃりさんが人気のようです。

ぽっちゃりした女性を好きな男性は多いのですが、女性が思う「ぽっちゃり」と男性が思う「ぽっちゃり」が大きくズレていることは知っていますか?

「ぽっちゃり」はモテるけど、「でっぷり」はモテないのです。

でっぷりは俗に言うデブです。

ぽっちゃりとでっぷりの違いに気づいていますか?

「ぽっちゃり」と「でっぷり」の違いについて、ダイエットの現場で感じていることを書いてみます。

ぽっちゃりとデブの違いを知って、自分の体をコントロールしましょう。

156センチのぽっちゃり女性の体重は何キロ?

「ぽっちゃり」という言葉はあいまいですよね。

たとえば156センチの女性なら、ぽっちゃりの範囲は体重何キロくらいと思っていますか?

だいたいの見た目の印象で体重を考えると「51kg〜55kg」くらいだと思います。

男性が思う「ぽっちゃり」は51〜53kgぐらいで、女性が思う「ぽっちゃり」は53〜55kgくらいかそれ以上ではないでしょうか。

156センチで53キロならBMIが21.7なので、健康的な数値でもあり、太っている印象ではなく「普通」という感じになります。

男性が選ぶ「ぽっちゃり」女性芸能人は?

最近のテレビを見ていないのでずいぶん前のデータですが、「男性が選ぶ人気ぽっちゃり芸能人」の1位は、「安めぐみ」さんだったのを覚えています。

安めぐみさんの身長は158センチのようです。

今でもほんわかとしてかわいくて、モテるのがわかりますね。

あなたが思っている「ぽっちゃり」は、安めぐみさんのイメージでしたか?かけ離れていましたか?

体重よりも大事なこと

男性が思う「ぽっちゃり」は、痩せていないというだけでなく、「やわらかそう」「おっとり」「やさしそう」「かわいらしい」という雰囲気もセットになっているのです。

「ぽっちゃり」は、単に数字を表すのではなく、「雰囲気」を表現している言葉なのです。

だから、「ぽっちゃりが好き」という男性の言葉を真に受けていたら、大失敗してしまうかもしれませんよ。

逆にいうと、「ぽっちゃりな雰囲気」の人はモテるということです。

あまり体重を気にする必要はありません。

一緒にいて心地いい人を好きになるのですから。

「ぽっちゃり」と「でっぷり」はまったく違う

「ぽっちゃり」は体重ではなく雰囲気だから、「ぽっちゃり」はあまり太っていないんです。

もし、男性にモテる「ぽっちゃりさん」になりたかったら、雰囲気美人になりましょう。

では「ぽっちゃり」と「でっぷり」の違いは何でしょうか?

太った女の子

「でっぷり」はすごく太っているか、あまり太ってなくても雰囲気がブスになっている人です。

太っている「デブ」は痩せれば可愛くなるけど、雰囲気がブスだと痩せても可愛くなれません。

雰囲気がブスだと、運気がよくないので幸せにもなれません。

だから痩せるだけでなく、表情や考え方も変えるように意識しましょう。

健康のためにも「でっぷり」は危ない

すごく太っている人は健康に悪いから体重ダウンしましょう。

デブになっている人は、「食事」「運動」「メンタル」の中に、デブになる習慣があります。

その習慣は、「メタボリック症候群」「ロコモティブ症候群」などの、健康を損なうリスクが高くなります。

「ぽっちゃりさん」になろう

今のあなたが「デブ」でダイエットしたいと思っているなら、まずは「おデブちゃん」になりましょう。

「デブ」と「おデプちゃん」はどっちが可愛いと思いますか?

どっちが愛されるかわかりますか?

人間がしあわせな人間関係を築くためには、顔の造作の美しさより「可愛げ」という雰囲気が大切です。

体重を急激に減すのは健康によくないので、先に可愛げのある雰囲気美人になりましょう。

健康的にリバウンドしないダイエットをするためには、体重は1ヶ月に5%減のペースがいいので、体重60キロの人なら、1ヶ月3キロ減のペースです。

体重60kgの人が51キロになりたかったら3ヶ月必要という計算になります。

3ヶ月かけて、「デブ」〜「おデブちゃん」〜「ぽちゃりさん」〜「すっきりさん」に変化していきましょう。

まとめ

  • 「ぽっちゃり」は、数字を表すのではなく、雰囲気を表現している言葉
  • 156センチで53キロ前後くらいが平均的なぽっちゃりさん
  • 「ぽっちゃりな雰囲気」の人はモテる
  • 「デブ」はすごく太っているか、あまり太ってなくても雰囲気がブスになっている人
  • 「デブ」は体重だけでなく表情も変えたほうがしあわせになれる