ダイエット

「痩せたら可愛くなる人」と「痩せても可愛くない人」がいる理由

ほとんどの女性は痩せたら若く可愛くなっていきます。

でも中には痩せても可愛くならない人もいます。

ちょっとした違いで、痩せて可愛くなる人と痩せても可愛くない人に分かれていくんです。

それぞれに理由があるんですね。

痩せたら可愛くなる理由

ダイエットコースの生徒さんは、3ヶ月間のコースで痩せて体型も良くなって、スタート時より別人のように可愛くなって、10歳くらい若返って見えます。

ダイエットコースの対象者は基本的に自己流でダイエットをして痩せなかったりリバウンドしたりして、太っていたりたるんでいたりで、いつの間にかシルエットが「おばさん」になってしまったアラフォー女性です。

そんな彼女たちは、ダイエットをがんばって痩せてスッキリしたシルエットになると、すっかり若くなります。

ほとんどの人は20代の頃の服が着れるようになるので、20代のシルエットになって可愛くなります。

食事は糖質を抑えながらも、しっかり食べて栄養素も摂りながら痩せるから、顔もやつれることもなく肌の調子も良くなり、表情も明るくなってキラキラ輝いて見えるようになります。

しかも、3ヶ月間集中して自分自身に向き合い生活の習慣を変えていくので、変化のスピードもとても早いんです。

そんな彼女たちの変化を見ていて、ダイエットに成功した「達成感」と「自信」が彼女たちを輝かせているんだと感じています。

ちゃんとしたダイエットは、1ヶ月でかなりサイズダウンして体型が良くなり始めるので、自分自身の変化に驚き表情が明るく変化していきます。

2ヶ月経つと新しい習慣にも慣れてきて、「自分はできる」という自信が生まれてきます。

3ヶ月のコースが終了する頃には、達成感と自信で印象が大きく変わっているんです。

ダイエットってすごいパワーがあるんだな、っていつも感じながら見ています。

変化の大きさに、職場の人やママ友に驚かれたり褒められたり、彼氏ができたり、人生の新しい扉を開いて態度や行動が変わっていくのを目の当たりにしています。

痩せて体調と体型が良くなって、20代の頃の服が着れるようになって、達成感と自信で表情が輝いている姿をイメージしてください。

痩せたら可愛くなる理由は、見た目の変化と内面の変化が起きて、自分自身を好きになり、自分を可愛くすることに積極的になるからです。

痩せても可愛くない理由

痩せたらシルエットは若くなり、雰囲気が変わって可愛くなります。

痩せたらこんなに可愛くなるのか〜、と毎回驚いています。

でも、痩せても可愛くならない人もいるんです。

それはなぜでしょうか?

痩せても可愛くならないのは心がブスになってるから

痩せても可愛くならないのは、残念ながら心がブスになっている人です。

どんなに痩せて若くなっても、心のスクリーンに映る自分自身がブスなんです。

ほとんどの人は、痩せるとコンプレックスから解放されて明るくなったり積極的になったりしていきます。

でも、太っていたこと以外にコンプレックスがあって心が変化しない人は、表情や行動が変化しないんです。

心の状態が人生を形づくるから、周りから見ても「痩せた」とは言われても「可愛くなった」とは言われないんです。

痩せて可愛くなるために

ダイエットは、体重や体脂肪を減らすことだけが目的ではなく、一生リバウンドしないように自分に合ったダイエット法を知り、生活や体調を整えて健康できれいな体になって、自分自身のことを好きになることが大きな目的です。

しかも、痩せるだけでなく自分のタイプに合った痩せ方がわかるので、コース終了後も新しく身につけた習慣に自分で更に磨きをかけて、ほとんどの人はどんどんきれいに可愛くなっていきます。

コース終了後のアンケートで、ほとんどの人は「自信を感じる」と答えています。

痩せて可愛くなるかならないかは、体重の問題ではなく心の問題なんです。

太っていても痩せていても、自分のいいところに興味を持って自分を好きでいることは大切です。

自分を嫌いな人は、表情や雰囲気が暗くて可愛く見えないんです。

ダイエットは、自分を好きになる為のひとつのきっかけです。

せっかく痩せたんだから、痩せた自分を褒めてあげましょう。

大好きなことをする時間を作って自分を可愛がってあげましょう。

自分は可愛がられる価値があるんだと自分に教えてあげましょう。

まとめ

  • 考え方の違いで、痩せて可愛くなる人と痩せても可愛くない人に分かれていく
  • 自分を嫌いな人は、表情や雰囲気が暗くて可愛く見えない
  • 太っていても痩せていても、自分のいいところに興味を持って自分を好きでいることは大切


ストレッチランキング


部分痩せランキング

おすすめ記事