ダイエット

カレーは太る!それでも食べたい人が痩せる食べ方

カレーは太るんです。それでも食べたいですか?

大人気のカレーライスはダイエットの敵なんです。

それでも食べたい時のためにカレーの痩せる食べ方を考えてみます。

太っている人の好きなメニューに必ずと言っていいくらい入っているのがカレーライスなんです。

毎日だって食べれると言う強者もいます。

ほとんど中毒のレベルですね。

ダイエットコースでは、どんなにカレーライスが大好きな人でも、食べるのをいったん我慢してもらいます。

子供の頃から当たり前に食べてるカレーライスがそんなに良くないなんて信じられない気分ですよね。

私もダイエットの勉強をするまでは、大好きでよく食べてました。

でも今は、よっぽどの事が無いと市販のルーを使ったカレーは作らないし、ココイチにも行きません。

食べたいと言う衝動が起きないようになりました。

そうなるには、そうなる理由があるんです。

カレーライスが太る理由

カレーライスは作りますか?どんなカレーライスが好きですか?

私は、ルーは「ジャワカレー」で、具は牛肉、玉ねぎ、じゃがいもの王道のカレーライスが好きでした。

たまに、きのこ類を入れたり、トマトやナスを入れて夏カレーにしたり、週に一度は食べていました。

旅行では空港でカツカレーを食べる習慣がありました。

カツカレー

空港のカツカレーは、今では絶対にしないようになりました。

なぜなら、カレーライスは、糖質制限のダイエットでも、カロリー制限のダイエットでもNGな要素が多いメニューだからです。

カレーライスと糖質制限ダイエット

カレーのルーのとろみの小麦粉、じゃがいも、白ごはんは全部糖質です。

糖質じゃないのは、牛肉と玉ねぎくらいで、一般的なカレーライスは糖質爆弾と言えるメニューです。

カツカレーはさらにカツの衣の小麦粉やパン粉で糖質が上乗せされています。

糖質制限ダイエットでは、一度の食事での糖質は、白米なら茶碗半分くらいまでに抑えます。少ないですよね。

カレーのルーをかけるなら、白米はさらに少なくなって茶碗に4分の1くらいまでになります。

しかも、ルーはじゃがいも無しになります。。。

こんなカレーライスで満足できますか?

そうまでしてカレーライスを食べたい気分にならないんです。

カレーライスとカロリー制限ダイエット

市販のカレーのルーには、牛脂などの脂がたっぷり使われていて、ルー自体が高カロリーな食べ物です。

それに肉を入れるとカロリーは上がり、白米と一緒に食べるとさらに跳ね上がります。

カツカレーになると、1食で1000カロリーを超えるメニューになるんです。

糖質制限ダイエットでも、カロリー制限ダイエットでも、カレーライスはダイエットの敵になります。

カツカレーは最も避けたいメニューで、ジーッと座ったままの状態になる、飛行機に搭乗前のカツカレーはさらに最悪です。

カレーライスは太るメニュー

以上の理由でカレーライスは太るメニューです。

すでに太っていてダイエットが必要な状態の人は、痩せるまでは食べない方がいいメニューの代表です。

実際にダイエットコースの生徒さんが、つい我慢できずにココイチのカレーを食べた時には、体重も体脂肪もあっさり上昇していました。

まずは、カレーライスは太るメニューと知る事が大事なんです。

太るけど食べたいと思うと、量を考えたり、具を考えたり、食べる時間を考えたりするようになります。

いろいろ考えると、量や頻度が減ってきます。

カレーの太らない食べ方

食べる量や頻度が減ると、久しぶりに食べるカレーが重たく感じるようになって、今ではすっかり食べなくなっています。

カレー味が食べたい時は、カレー味のスープや、カレーパウダーを使って炒め物や揚げ物をするようにしています。

カレーパウダー自体はヘルシーなハーブなので、ダイエットに適しているんです。

なので、カレーが好きな人には、ふだんの料理にカレーパウダーを使うことを勧めています。

カレーパウダーは、肉にも魚にも相性がよくて、グリル野菜との相性もバッチリです。

塩コショウした肉や魚にカレーパウダーをまぶして焼くだけで、ヘルシーなダイエットメニューになるんです。

これを毎日食べていたら、カレーライスを食べたい欲求は日に日にダウンして、カレーライスが無いことが当たり前になってくるんです。

たまに一般的なカレーライスを食べる事があっても、以前と比べると信じられないくらい少量で満足するようになっています。

それでもカレーを食べたいなら「低糖質カレー」

それでもカレーを食べたい人は、ココイチのカリフラワーを使った「低糖質カレー」のように、糖質制限に対応したメニューにしましょう。

ココイチ低糖質カレー

家で作る時も市販のルーを使わずに、カレーパウダーと出汁を使って、具には野菜をたっぷり使って、米は玄米を少しにして低糖質カレーにしましょう。

スープカレー

豆乳を使えばコクが出るし、質のいい油を使えば健康的にトロミも出せます。

市販のルーや、一般的なカレーが重たく感じるようになってきたら、我慢しなくても痩せるようになってきます。

さまざまな習慣の積み重ねで太ってしまっているので、カレーを替えることが習慣を変えるきっかけになるかもしれませんよ。

まとめ

  • 大人気のカレーライスはダイエットの敵
  • カレーライスは、糖質制限のダイエットでも、カロリー制限のダイエットでもNGな要素が多い
  • カレーライスは太るメニューと知る事が大事
  • カレーパウダー自体は、ヘルシーなハーブなのでダイエットに適している
  • それでもカレーを食べたい人は、ココイチのカリフラワーを使った「低糖質カレー」のように、糖質制限に対応したメニューに
  • 家で作る時も市販のルーを使わずに、カレーパウダーと出汁を使って、具には野菜をたっぷり使って、米は玄米にして低糖質カレーに

 

おすすめ記事