子供ダイエット

【子供のダイエット】子供のためのダイエットサプリの選び方

お子さんのダイエットのための、サプリを探しているのですか?

だとしたら、お子さんが太っているのは、あなたにダイエットの知識がないからかもしれませんよ。

子供のダイエットサプリを飲ませるのは、ちょっと待ってください。

子供に必要なのは、ダイエットのためのサプリではありません。

もっと生活を見直すことが先ですよ。

「生活を見直す」なんて、ありきたりの答えにガッカリですか?

でも、本物の情報って、奇抜ではないんです。

ここでは、子供と食事とサプリメントについて書いてみますね。

メルマガ7ステップ

子供に必要なサプリメント

子供に必要なサプリメントは、体重を減らすことが目的のダイエットサプリではなくて、「体に必要な栄養素を補うことができる食品」としてのサプリメントです。

だから、研究の実績や、原材料の安全性と栄養価などがしっかりしたメーカーの、栄養補給のサプリメントを選びましょう。

日常の食事だけで摂れない栄養素を補うために、食品としてサプリメントを活用するのは、おすすめします。

ダイエットは、「食事」「運動」「メンタル」を整えることが必要で、特に子供は成長のために多くの栄養素を必要としています。

だから、ダイエットサプリで痩せさせようとするのではなく、充分な栄養素を与えることを意識してあげてください。

食事の見直しはこの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
子供ダイエット
子供のダイエット|親子で痩せる食事の方法とポイント子供のダイエットの方法がわからなくて、困っていませんか? 子供が太っているのは、親からの遺伝だからどうしようもない思って、罪悪感を...

ダイエットサプリとサプリメントの違い

ダイエットサプリとサプリメントはどう違うのでしょうか。

OTONAダイエットのコースでも、場合によってはダイエットサプリを勧めることがあります。

でも、ダイエットサプリは、毎日の食事で使うことはやめてもらっています。

ダイエットサプリを毎回使って痩せたとしたら、ダイエットサプリをやめたらリバウンドしたり、もうダイエットサプリ無しで体重がコントロールできなくなるからです。

ダイエットサプリは、付き合いなどで飲み会があったり、旅行で食事の調整が難しい時や、たまにスイーツをしっかり食べたい時などの、エラー対策として使うものです。

ダイエットサプリは、糖質をカットしたり、脂質の吸収を抑えたりするものがメインですが、栄養素を補うことはできません。

毎日カラダに必要な栄養素を、食事だけで摂るのが難しい人は、「栄養素のサプリ」を摂るように勧めるケースもあります。

「体は食べたものでできている」から、安全安心な栄養素をしっかり摂るために、食事だけでなくサプリメントを併用してカバーするのです。

サプリメントの選び方

野菜

お子さんのダイエットのためにサプリメントを食べさせるなら、ダイエットサプリではなく、栄養素のサプリメントにしましょう。

ダイエットサプリも、栄養素のサプリも、原材料が有機栽培の野菜と果物でなく、化学的に合成されたビタミンなら、体にとっては「食品」ではありません。

サプリメントは原材料の安全性と、副作用などがないことが証明されている、メーカーの歴史と実績が大事です。

合成ビタミンのサプリメントは、驚くほど安価で作ることができます。

研究所も持たないメーカーが、ブームに乗っかって作ったサプリには気を付けましょう。

子供に与えるものには特に気をつけましょう。

ちゃんとした有機栽培の野菜や果物を原材料にして、栄養価を壊さないように作られた、野菜と果物のサプリメントもあります。

 

下の動画は、「ニュートリライト」というアメリカのメーカーで、売り方がちょっと変わっていて、最初はイメージが悪く戸惑いましたが、このメーカーについて調べてみると、

80年以上の歴史と研究開発の実績があり、今のところ一般的に手に入るサプリメントの中では、最も安心感があり誠実なメーカーだと思います。

日本では、タニタとコラボした健康サービスなどもしています。

 

転売などいろいろな形で売られているけど、保存状態が品質に影響するので、安全性を考えても、安心な正規品を公式ページから買うのがいちばんです。

無料アカウント登録での購入方法や、サプリの選び方など、質問あれば問い合わせフォームから質問してくださいね。

子供のためのサプリメントは必要か?

子供のためのサプリメントは、ダイエット目的ではなく、栄養素の補給を目的にすることが大切だと伝えましたが、ベースには毎日の食事の大切さがあります。

日々の食事で不十分な部分をサプリメントで補うのが、サプリメントの正しい活用法です。

どんなに良質のサプリがあっても、「食べ過ぎ」や、「添加物の取り過ぎ」、「インスタント食品や加工食品が多い」などのマイナスがあると、子供の不調や太りすぎは解消しません。

食生活を変えなければ、思春期になっても大人になっても、ダイエットの嘘の情報に振り回されたり、ダイエット難民になって悩むことになるでしょう。

食べ物は、子供の場合は成績や生活態度全体に影響します。

でも、極端な制限のある食生活はお勧めできません。

「マクロビオティック」や「糖質制限」や「カロリー制限」も、子供の成長に必要な栄養素が不足する可能性があります。

あわせて読みたい
子供ダイエット
子供のダイエット|親子で痩せる食事の方法とポイント子供のダイエットの方法がわからなくて、困っていませんか? 子供が太っているのは、親からの遺伝だからどうしようもない思って、罪悪感を...

まずは、マイナスになる習慣をやめて、野菜たっぷりでバランスがいい食事にしましょう。

正しい食生活の知識は、すべての人に一生使える知識です。

子供の体重を落とすだけでなく、体全体を整えてあげる意識で食生活を見直すことが、体重以外にも改善する近道だといえます。
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットアドバイザー・コンサルタントへ
にほんブログ村

【限定公開】本当に痩せるダイエットの法則

ダイエットには法則があるのを知っていますか?

法則を知らなければ、きれいに痩せれません。法則を知らずに断片的な情報で痩せても、リバウンドに苦しみます。

ゼロには何を掛け合わせてもゼロです。

ベストオブミス福岡大会の、ダイエット講師を務める「OTONAダイエット」が、頑張っても痩せない人や、リバウンドを繰り返す人が知らない、「本当に痩せる法則」を期間限定で、無料公開します。

もっと詳しく