子供ダイエット

子供のダイエット|親子で痩せる食事の方法とポイント

子供ダイエット

子供のダイエットの方法がわからなくて、困っていませんか?

子供が太っているのは、親からの遺伝だからどうしようもない思って、罪悪感を感じていませんか?

大丈夫です。

あなたのお子さんが肥満だとしても、ほとんどの場合は親からの生物的な遺伝ではありません。

お子さんの肥満は、親の意識と習慣が原因です。

もしあなたが太っているなら、あなたが痩せればお子さんも痩せるでしょう。

あなたも、あなたのお子さんも、生活の中に太る原因があるので、生活習慣を変えれば体も変わります。

自分自身も太っていて、ダイエットの方法に悩んでいるなら、生活を見直すことで、今すぐカラダも心も大きく変わるのです。

子供が太っている原因

子供が太っている原因にはいくつかのパターンがあります。

もしも何かの病気の治療中で、薬の影響で太っているなら、お医者さんアドバイスに従ってくださいね。

病気が早くよくなることを願っています。

実は、子供が太っている原因も、親が太っている原因も、「食事」「運動」「メンタル」がバランスよく整っていないことが原因です。

ここでは、「食事」について考えてみましょう。

子供ダイエット

お子さんの年齢によっても違ってきますが、基本的に親と同じものを食べている年齢の肥満についてです。

もし、家族全員が太っているなら、「食べ過ぎの習慣」のリレーが原因です。

あなたが「当たり前」と思っている量が多すぎるんです。

「当たり前の基準値の差」が体型の差に表れているんです。

特に糖質と脂質の食べ過ぎです。

「当たり前」や「普通」の基準が間違っていると、どんなにダイエットを頑張っても痩せません。

子供ダイエット

もうひとつのパターンは、栄養のバランスが悪いことです。

子供が好きなものを中心に、料理を作っていませんか?

「ハンバーグ」「焼肉」「コロッケ」「ピザ」「カレーライス」「焼きそば」「炒飯」「唐揚げ」などなど、子供が喜ぶメニューは栄養が偏っていて、太る要素がいっぱいです。

外食でも、同じパターンになっているはずです。

家族全員が食べ過ぎの場合に、食事を減らすのはかなりの反発を受けると思いますが、可愛い子供の将来のために、心を鬼にして、変えていきましょう。

でも子供が大好きなメニューを禁止する必要はありません。

特別な日や、活動量が多い日は、エネルギーも必要だから、ケースバイケースで考えればいいんです。

ただ、本当に痩せたいなら、普段の食事の量と質をを変える必要があるんです。

子供のダイエットの食事のポイント

子供のダイエットで量を変える場合の食事のポイントは、

夕食の「糖質」と「脂質」です。

活動が多い子供の場合、糖質を減らすのは、まずは夜ごはんです。

夜ご飯で、活動の燃料になる糖質や脂質を多く食べると、消費できなくて脂肪になってしまいます。

子供の頃に脂肪細胞の量が決まってしまうので、子供の頃に食べ過ぎると、脂肪細胞が多くなってしまいます。

この脂肪細胞の量が、太りやすさの原因になるから、「肥満は遺伝する」という勘違いが生まれるんですね。

もし子供さんが高校生なら、もう脂肪細胞の量は決まってしまっているので、その脂肪細胞が大きくならない習慣を身につければいいんです。

太る原因になる糖質は、お米、麺、パン、パスタなどの炭水化物です。

でも夕食で、急にごはんや麺を減らしたら不満が出るでしょうね。

だから、親が知識を身につけて、子供がわかる言葉で説明してあげてください。

子供も、太っていたら、運動がうまくできなかったり、友達にからかわれたり馬鹿にされたり、子供なりに悔しかったり悲しかったりしているかもしれません。

子供ダイエット

そんなことで自信を失って、自己イメージが低い人になったら、人生の満足感が低くて一生苦労してしまいます。

そんな思いをするくらいなら、しっかり向き合って説明しながら、少しずつメニューを変えて行きませんか。

野菜のメニューを増やす

子供ダイエット

お子さんは野菜嫌いですか?

野菜嫌いな子供は太っていて、野菜好きの子供は太っていない傾向がありますよね。

野菜は、大人になっても健康や若さのためにも必要な食べ物です。

これからは、子供が食べれるように工夫して、旬の野菜をたっぷり使ったメニューを増やしましょう。

子供の好き嫌いも、メニュー次第で変わります。

子供ダイエット

ダイエット教室で、ダイエットメニューの料理を教えることがありますが、野菜嫌いの子供がメニュー次第でモリモリ食べるのを見て、驚くお母さんをたくさん見てきました。

野菜嫌いになるのも野菜好きになるのも、ちょっとした工夫からです。

でも、理由がわからなければ、子供も納得できないはずです。

ちゃんと根気強く説明して、子供が好きになる野菜メニューを見つけましょう。

匂いのきついピーマンをいきなり食べさせるのではなく、青椒肉絲にしたり、肉詰めにしたり、抵抗感をなくしていけば、野菜を食べるようになっていきます。

もしあなた自身が、野菜をしっかり食べるメニューに物足りなさを感じるなら、あなたの体のためにも、野菜メニューにシフトすることを勧めます。

たんぱく質の料理を増やす

たんぱく質の料理は、肉、魚、大豆、卵、乳製品などです。

ただし、日本人の腸は長くて細いので、肉や乳製品より魚や大豆や卵の方が、消化にいいのです。

たんぱく質

ふだんの食事で、たんぱく質をどんなメニューで、どのくらい食べているかを振り返ってみましょう。

一日の活動が終わって、もうエネルギーはそんなに必要ないのに、夜ご飯が一番ボリュームがあって豪華な人は多いんです。

夕食には特に注意が必要です。

夜のタンパク質は、魚や豆類のタンパク質が理想的です。

肉なら、鶏肉や、脂が少ない赤身の肉やヒレ肉を選びましょう。

「トンカツよりも、豚ヒレ肉のピカタにする。」

という風に、脂質や糖質を抑える工夫をしましょう。

夜の食事の、量と質を見直せば、太っている原因に気づくはずです。

たんぱく質は、多すぎると脂肪として蓄えられるので、1回に片手に乗るくらいの量を食べると、ちょうどいいと言われています。

手の大きさは、だいたい体に比例しているので、目安になりますね。

お皿を決める

大皿料理が太りやすいのは知っていますか?

食べ過ぎても気がつかないのが、大皿料理やバイキングと言われるビュッフェスタイルです。

どのくらいの量を食べているかを知るためにも、プレートに1食を盛り付けるようにしましょう。

たったそれだけの習慣で、食べ過ぎを抑えることができます。

まとめ

  • 子供が太っているのは、多くの場合、遺伝ではなく、親の意識と習慣が原因
  • 当たり前の基準値の違いが、子供を太らせる
  • 食べ過ぎと、栄養バランスの悪さが主な原因
【無料】本当に痩せるダイエットの法則

ダイエットには法則があるのを知っていますか?

法則を知らなければ、きれいに痩せれません。法則を知らずに断片的な情報で痩せても、リバウンドに苦しみます。

ゼロには何を掛け合わせてもゼロです。

頑張っても痩せない人や、リバウンドを繰り返す人が知らない、ベストオブミス福岡ビューティーキャンプのダイエット講師が教える「痩せる法則」を無料公開します。

もっと詳しく