ダイエット

セルライトのマッサージが痛い人は痩せる人なんです

セルライトのマッサージが痛い人は痩せるって不思議ですか?

痩身エステのマッサージが痛くてびっくりした経験はありますか?

セルライトのマッサージで痛くて、悲しくなったり不安になったりしてませんか?

あまりの痛さに、自分でセルライト落とせる気がしませんよね。

でも、セルライトが痛いなら、そこは痩せたがっているんですよ。

セルライトって、ちゃんとケアすればなくなるんです。

セルライトができてしまっても諦めなくていいんです。

セルライトのマッサージが痛い理由

セルライトがマッサージで痛いなら、そこは固くなって詰まって血流が悪くなってる箇所です。

詰まってしまった箇所は、血液が十分に行き届かなくなったり、老廃物が溜まったりして、冷えてますます固くなってうまく機能しなくなっています。

脂肪細胞はセルライトとして頑固で厄介な存在に変わってしまっているから、そこを押したり揉んだりして動かそうとすると、痛みを感じるんです。

その塊が血液やリンパの流れをせき止めて、老廃物が土砂のように溜まっているんです。

放っておくとますます流れが悪くなってしまいますよ。

自分の体がそんな状態になってることをイメージしたら、柔らかくして血流を良くしたいと思いませんか?

サラサラと血液やリンパが流れる体にしたくないですか?

セルライトのマッサージが痛い人は痩せる理由

セルライトのマッサージが痛い理由がわかったら、痛い人が痩せる理由もなんとなくわかりますね?

詰まってしまった土砂のような脂肪が柔らかくなって、老廃物がスムーズに流れ出したら、そこからサイズダウンが始まります。

痛みが強い部分ほど、脂肪の塊が頑固で大きいからサイズダウンも大きいんです。

痛くてつらいセルライトが、サイズダウンの突破口になるんですよ。そう思うと可能性を感じませんか?

セルライトの落とし方

セルライトが痛い理由はわかりましたね。最初は痛いけどがんばりましょう。

ちゃんとほぐせば、1週間くらいで柔らかくなって痛みも軽くなりますよ。

全身にたくさんある人は、一度に全身をやると痛くてつらいから、痛みが小さいところから始めて、セルライトがほぐれる感覚をつかんでから、痛みが強いところをほぐした方がいいかもしれません。

痛みが強いところは、内出血やアザができることがあるので、少しずつやりましょう。

セルライトの落とし方は、できてる箇所によって多少の違いはあるけど、最初に固まった脂肪をほぐして柔らかくするのはどこでも同じです。

広い範囲のセルライトはストレッチポールでほぐす

背中や太ももなどは範囲が広いので、手でほぐそうとしても続きません。ストレッチポールを使ってほぐしましょう。

ストレッチポールでのほぐしは、ダイエットコースでも一番最初にやる運動です。

背中や腰がほぐれると、肩こりや頭痛、腰痛などの体の不調が改善する人もいるので、ほぐして血流をアップするのは、痩せるだけでなく健康にも効果があるんですよ。

セルライトのマッサージは痛いから力加減が大事

セルライトって、とにかく痛いんです。激痛ですよ。

だから、そーっと肌の表面を撫でるようにマッサージする人がいるけど、そんなんでは頑固なセルライトはほぐれません。

かといって、強い力でセルライトを押しつぶしてもいけません。

セルライトは、大きくなって固まった脂肪細胞なので、押しつぶしたら体を傷つけてしまうことになるから気をつけましょう。

セルライトが固いときは、押すような感じでマッサージしてほぐしましょう。

押して痛いのは仕方ないので我慢ですよ。

セルライトがほぐれたら揉む

硬かったセルライトがほぐれてきたら、揉める状態になっています。

腕やふくらはぎなら揉みやすいので、手で掴むように揉んでいきましょう。

太ももやお尻や背中は、範囲が大きいので、自分である程度はストレッチポールでほぐして、最終的には痩身エステを利用するのもいいかもしれません。

最初よりセルライトの痛みは軽くなっているはずなので、引っ張ったりしながら揉みましょう。

揉めるようになると、サイズダウンが始まるので楽しくなりますよ。

ダイエットコースの生徒さんも、慣れてくると揉まないと気持ち悪いって言ってます。

セルライトは痛いから、できないようにしよう

セルライトって痛いですよね。

せっかく頑張ってセルライトをなくしたら、もうできないようにしたいですね。

できないようにするためには、リンパや血液の流れをよくすることです。

流れが悪くなると、体に不調が出てくるし、太りやすい体質になるんです。

流れを良くするために、ストレッチの習慣だったり、食生活とか運動とか睡眠とか、ふだんの生活でできることはたくさんありますね。

習慣を変えたら、痩せやすい体質になって、痛いセルライトともサヨナラできるんです。

まとめ

  • セルライトは自分で落とせる
  • セルライトが痛いなら、そこはサイズダウンの突破口になる
  • セルライトを放置するともっとひどくなる
  • セルライトはまずほぐして柔らかくなったら揉む
  • セルライトができないようにするためには、リンパや血液の流れをよくする