食事

ニュートリライト社《プロテイン》を飲みやすくする方法

ニュートリライト社という、80年以上の歴史があるサプリメントメーカーを知っていますか?

1934年創業のニュートリライト社はアムウェイという会社に属していて、メーカーが消費者に直売というスタイルで、有機農法で育てた作物からつくるサプリメント売っています。

ニュートリライト社の姿勢

ニュートリライト社は、いろいろなメーカーと比較すると実績があり、原材料やメーカーの姿勢が誠実なので、信頼できるブランドだと思っています。

ニュートリライトのプロテインは売り上げ高が世界一ということだけど、はじめて飲んだ時は、水に溶けにくくて粉っぽくてダマっぽくて、気持ち悪くて飲むことができずに挫折してしまいました。

ニュートリライトのプロテインとは

「アムウェイで買ったプロテインが飲みにくかった」という人は多いので、きっと同じように感じている人は多いと思います。

いろいろ工夫して、今は美味しいと思っているので、美味しく飲むためのいくつかのポイントを書いてみます

アムウェイのプロテインが飲みにくい理由

ニュートリライト(アムウェイ)のプロテインが飲みにくい理由は、大豆やえんどう豆などの作物のタンパク質の部分を、そのまま粉にしているからです。

大豆やえんどう豆を水に浸しておいても溶けて無くならないように、アムウェイのプロテインは水には溶けないのです。

 

 

原材料に豆のタンパク質の部分を使っていれば、溶けずに沈殿することに納得ができませんか?

私は、「なるほど、これが大自然の恵みか」と納得して、パウダーをおいしく飲める方法を探すことにしました。

アムウェイのプロテインを飲みやすくする

アムウェイのプロテインは「溶かして飲む」ものではなく、「撹拌して飲む」ものだと理解したら、あとは自分の好みに合うように工夫して飲めばいいのです。

自分の好みを無視して、健康やダイエットのためにがんばって飲もうとしても、継続できないので、おいしく飲める方法を見つけることをオススメします。

いろいろな方法があるので、健康と美容のためと思って、カスタマイズしてみてください。

プロテインに混ぜるものを変える

粉っぽさが飲みにくいだけでなく、原材料が豆だから、味がうすくて美味しくないのです。

それが継続できない理由の一つです。

プロテインを、水だけで撹拌しておいしく飲める人は、ふだん豆乳を飲んでいる人に多いようです。

水でおいしく飲める人以外は、なにか混ぜて飲んでいる人が多いと思います。

アムウェイのプロテインを飲んでいる人に、美味しく飲むための工夫をアンケートしてみました。

牛乳と混ぜて飲む

ふだん牛乳を飲んでいる人は、牛乳がおいしくなったと感じる人もいるようです。

これは、牛乳が好きでコクのある豆乳が好きな人が好む味です。

ファイトパウダーと混ぜて飲む

 

ニュートリライトの商品に、「ファイトパウダー」という果物をベースにした粉末タイプのドリンクが3種類あります。

有機農法のパイオニアであるニュートリライト社で育てられた果物が原材料なので、安心して飲むことができます。

 

自然の恵みからの「ビタミンC」「ビタミンB群」「食物繊維」抗酸化物質の「ファイトケミカルス」を含んでいて、不足しがちな栄養素も摂ることができます。

フルーツだからプロテインの飲みにくさが気にならなくなり、爽やかな味のプロテインになります。

ニュートリライトのプロテインを買っている人は、ファイトパウダーを混ぜて飲んでいる人が多いなと感じています。

トゥルーヴィヴィティと混ぜて飲む

35歳以上の女性なら、小じわができたり、肌が固くなったり、肌のはりや弾力がなくなったり、明らかに20代の頃より老化したと感じていると思います。

そういう美容に気をつけている人は、「トゥルーユース」や「トゥルーアクア」という、美容系のサプリを混ぜて飲んでいる人が多くなっています。

上品で大人な味なのでさっぱり飲みたい時や、「酸化」や「糖化」の対策のために飲むようにしています。

アンチエイジングにもなるので、ファイトパウダーよりも、このシリーズの方が気に入って飲んでいます。

XSマッスルマルチプライヤーと混ぜて飲む

ヨーグルトドリンクのような味になるので、個人的には、今はこの味が最も気に入っています。

XSマッスルマルチプライヤーは、引き締まったボディデザインを目的にした「10種アミノ酸」の筋肉に効果があるサプリで、メーカーは運動だけでなく家事などの活動の前後に飲むことを勧めています。

BCAAだけのアミノ酸より筋肉合成量が多いので、効率よく引き締めたい人にも適しています。

筋肉が1kg増えると、代謝が50kcalアップするといわれているので、ダイエット的にも取り入れたいサプリと言えます。

無糖のヨーグルトに混ぜて朝食や間食として食べたり、アミノ酸なので水に溶けやすく、タンパク質補給のために大活躍の商品です。

プロテインの量を変える

一度にどのくらいのプロテインを飲んでいますか?

プロテインは、飲めば飲むほど効果的だと思っていませんか?

プロテインはたんぱく質なので、体に必要な栄養素だけど、摂りすぎれば太るし体に負担になります。

 

健康的なタンパク質の量の目安は、体重の1000分の1です。

体重60kgの人なら、タンパク質を毎日60グラム摂るのが目標です。

プロテイン大好きな人は、プロテインの摂りすぎの傾向があるので、気をつけましょう。

栄養素の視点で見ると、一回の食事でのタンパク質は、20グラム程度がよいとされています。

体重60kgの人なら、朝昼夜の3食で20グラムずつ食べることができればいいのです。

タンパク質はなるべく食事から摂るようにしたいけど、それが難しい人が多いので不足分をプロテインで補うと考えましょう。

だから、肉や魚や卵や大豆でタンパク質を20g食べた時は、プロテインは飲む必要がないのです。

プロテインが飲みにくい人や飲み始めたばかりの人は、少量のプロテインを飲むところから始めましょう。

少量なら苦痛にならないし習慣化できますね。

アムウェイのプロテイン(オールプラント)は、大さじ1杯で10グラムの蛋白質を補給できるので、半分なら5グラムです。

慣れてきたら、必要な量まで増やしましょう。

プロテインシェーカーを使う

撹拌するためにシェーカーを使っていますか?

スプーンで満足に撹拌することは、とても根気が必要なので、シェーカーを使うことをオススメします。

新しい習慣を取り入れる時は、少しでも障害物を少なくすることが大切です。

シェーカーを使いましょう。

味が飲みにくい人は種類を変えてみる

工夫してもオールプラントのプロテインが飲めない人は、飲みやすい味のタイプから始めてみましょう。

2020年4月現在は、ベリー味と抹茶味があり、5月には待望のチョコレート味も発売されるようです。

どれもデザート感覚の味でやや甘みが強いと感じるので、水の量で味を調整したりオールプラントプロテインと混ぜたりして、気分や好みの味に調整して飲んでいます。

最後に

プロテインを飲んでいる人が増えていますね。

なぜ飲んでいるのか理解していますか?

プロテインは、肉や魚や卵や乳製品や大豆などの食品に含まれるタンパク質の部分です。

タンパク質は体を作るために必要で重要な栄養素です。

 

だからプロテインは、筋トレをして筋肉を大きくするためだけに飲むものではありません。

私たちは、日々の食べ物から体を作っているのです。

だからプロテインを選ぶ時は、どんな品質で、どんな原材料で、どんなメーカーのプロテインが体にいいかを考える必要があります。

日本はまだまだサプリメント後進国で、安心してすすめることができるプロテインやサプリメントを知りません。

プロテインを販売している会社は、日本にも無数にあります。

ニュートリライト社の姿勢と歴史を、サプリメント選びの参考にして、安心できるメーカーの商品を選んでください。

ニュートリライト社のプロテインなど質問があれば、メッセージから連絡してください。