ボディケア

お尻のボコボコが消えて大きいお尻が小さくなったお話

自分のお尻に満足していますか?

自分のお尻に満足している女性は、ほとんどいませんよね。

お尻にはいろんな悩みがあります。

「大きい」「小さい」「平べったい」「たれてる」

「出尻」「形が悪い」「ザラザラしてる」「ボコボコしてる」などなど。

 

そのうえ、それらがミックスして、

「大きくて垂れてる」とか、「形が悪くてボコボコしてる」とか、

体型の悩みは尽きないのです。

パンダ先生
パンダ先生
今回は、ボコボコで大きいお尻が小さくなった話です。

お尻のボコボコの正体はセルライト

お尻のボコボコに悩んでいますか?

お尻のボコボコの正体は、セルライトだと知っていますか?

 

お尻のボコボコの正体がセルライトだと知っている人は多いですが、なぜ悩んでいる人が多いのでしょうか。

それは、なぜお尻にセルライトができてしまったかが、わかっていないからです。

セルライトは、お尻の血液やリンパの流れが悪くなって、脂肪細胞に老廃物やコラーゲン繊維が、からまって変形したものです。

だから、体重や体脂肪が落ちただけでは、お尻のボコボコは消えないのです。

ボコボコになった理由を知って、これ以上ボコボコが増えないようにすることも大切です。

お尻が大きい原因は脂肪

一方、太っている人のお尻が大きい原因は脂肪です。

脂肪細胞の中の脂肪を蓄える部分が大きくなった状態なので、体重や体脂肪が減るとお尻も小さくなっていきます。

体重計

太っている人がお尻を小さくするなら、やっぱり、体重を落とすことがいちばんの早道です。

体重が減ったのにお尻が大きい人は、骨盤の動きを良くしたり、お尻を引き締める運動をすることで、効果がでてきます。

でも脂肪が多くてお尻が大きい人は、トレーニングをすればするほど、大きくなったりするので、トレーニングは痩せてからすることを勧めています。

パンダ先生
パンダ先生
ちゃんとダイエットすれば、お尻は3か月で10センチくらいは小さくなれますよ。

お尻のボコボコと脂肪はどっちも落とすべし

お尻が大きくてボコボコしてる人は、ボコボコと脂肪を両方とも落とす必要があります。

しかもそれらはアプローチが違うので、それぞれにあったケアをしましょう。

パンダ先生
パンダ先生
それぞれのケアを同時にすることで、相乗効果で早くお尻が小さくなりボコボコもなめらかになっていきますよ。

お尻のボコボコの落とし方

お尻のボコボコの正体はセルライトで、セルライトは血液やリンパの流れの悪さが原因だと説明しましたね。

だから、お尻を刺激して固まったセルライトを柔らかくほぐすことが、ボコボコ解消の鍵になります。

ストレッチやマッサージでは奥までほぐすことができないので、テニスボールを使ってほぐすことを勧めます。

やり方は簡単で、寝転がってテニスボールをお尻に敷いて、痛いところを見つけて、体重をぐぐーッとかけたりして、お尻のコリをほぐすんです。

痛いところがなくなってきたら、ストレッチを中心に、お尻の筋肉を伸ばしたり縮めたりして、血行が良くなるようにしましょう。

ストレッチストレッチ

ヨガのポーズにも、お尻のストレッチはたくさんありますね。

立ってできるポーズなら狭い場所でもできるので、毎日何度でもやっていきましょう。

セルライトのボコボコがなくなってきたら、表面がしぼむと思うので、引き締め効果がある痩身クリームや、引き締めジェルなどを塗って肌のケアをします。

あわせて読みたい
痩せるクリームは本当に痩せる?効果的な使い方は?痩せるためのボディクリームというのがあるのを知っていますか? 「セルライトを溶かす」とか 「塗るだけで脂肪を分解する」とか ...

自分でセルライトをケアするのに疲れた人や、どのくらいの力加減がいいのかわからない人は、痩身エステサロンに体験に行ってみるのもいいと思います。

ただし、自分の体の現実に向き合うので、心が折れるかもしれません。

気持ちを強く持って体験に行きましょうね。

あわせて読みたい
エンダモロジーで痩せるのはこんな人|痩身エステに行く前にエンダモロジーという機械を知っていますか? 知っている人はダイエットの意識が高い人ですね。 痩身エステの話題をしていたら、み...

お尻の脂肪の落とし方

脂肪を落とすなら、食事を見直すことは必須です。

太った原因のほとんどは、食習慣にあります。

量、時間帯、内容、これらを見直しましょう。

脂肪は部分的に減すことはできないので、全身の脂肪細胞を小さくして、体重と体脂肪を落とすことです。

お尻のボコボコをなくすためのケアで、お尻のコリをとって柔らかくしてるので、血流がアップして痩せやすい状態になっていますよ。

お尻の形を良くするには筋トレが必須

痩せるためには筋トレはしなくていいけど、形を良くするなら筋肉を鍛えることは避けられません。

だけど、つらくて苦しい筋トレは続かないので、どこでも誰でもできるスクワットをおすすめします。

1回でも2回でもいいからやりましょう。

イラストのように深くなくてもいいので、継続できるくらいの負荷でやってみましょう。

スクワット   スクワット

オトナダイエットはピラティスをベースにしているので、お尻の引き締めにはピラティスでおなじみのポーズがおすすめです。

ピラティス

片足をあげたりして強度を調整できるので、体調と気分にあわせてお尻の筋肉を鍛える運動を生活の中に取り入れていきましょう。

パンダ先生
パンダ先生
この方法で、ほとんどの人のお尻は小さくなってます。

がんばってね。

まとめ

  • お尻のボコボコの正体はセルライト。
  • お尻が大きい原因は皮下脂肪の付きすぎ太りすぎ。
  • お尻の形を良くしたいなら筋トレも必要。
  • お尻のボコボコが消えてお尻が小さくなるためには、いくつかのケアを組み合わせる必要がある。
【限定公開】本当に痩せるダイエットの法則

ダイエットには法則があるのを知っていますか?

法則を知らなければ、きれいに痩せれません。法則を知らずに断片的な情報で痩せても、リバウンドに苦しみます。

ゼロには何を掛け合わせてもゼロです。

ベストオブミス福岡大会の、ダイエット講師を務める「OTONAダイエット」が、頑張っても痩せない人や、リバウンドを繰り返す人が知らない、「本当に痩せる法則」を期間限定で、無料公開します。

もっと詳しく

こちらの記事もおすすめ