プロフィール

アラサーでたるみ、

アラフォーで崩れ、

アラフィフで変形する

これは私自身の経験と、観察から感じた、加齢による体型の変化のこと

30才を過ぎた頃に、なんとなく体の輪郭にシャープさがなくなり緩んだ感じになり、腰回りに肉がつくようになりました。

当時の日本は、カロリーを控えるダイエットが主流で、インターネットもない時代だったので、情報が限られていて、納得できる知識が得られずにいました。

その頃には英語を教える仕事をしていたので、栄養学の本場のアメリカの情報を探しながら、

当時の日本ではまだメジャーではなかった、「糖質制限」の食事を取り入れることにし、

当時の日本人には馴染みの薄かったサプリメントを組み合わせたダイエットをして、心身ともに、20代の頃より調子がいい状態になったのです。

この経験から、栄養学を学び、長年続けている英語講師の仕事にも活かしてきました。

栄養で、生徒の集中力や成績までも変わるからです。

次に、40才を過ぎた頃に、カラダの張りがなくなり始めてお尻が垂れて、

後ろ姿全体にしまりがなくなって、体重は変わらないのに下半身だけが大きくなるという悩みが出てきました。

これらは、私だけでなく、周りの友人たちも同じように悩んでいたのです。

カタチの変化は、栄養学だけでは解決できないので、運動をする事を考えて、とりあえず近所にある、福岡市民の憩いの公園の大濠公園で、ウォーキングやジョギングをやってみたら、少しずつシルエットがスッキリして、悩みは気にならなくなっていきました。

ウォーキングやジョギングにも飽きた頃、運動をやめてしまうのは不安だったので、40代からテニス🎾を始めました。

50代になって、プロのスポーツ選手が通う先生のところで、短期集中型のきつい筋トレも経験したりして、栄養と運動でもうバッチリだと思っていました。

しかし、昔から姿勢がいいと言われていた私が、姿勢が悪くなっている、と指摘されるようになったのです。

少しO脚になっているとも指摘され、それと同時にヒザに痛みも感じるようになっていました。

栄養学を実践してきたおかげか、健康診断での体内の数値にはまったく問題がないのに、ちょっと無理をしたら肩があがらなくなったり、それが整体や整骨院に行っても治らないため、

年齢と共に、カラダ全体が老化して不調が現れ始めたようで、怖さを感じていました。

そこで、友人に誘われて、ピラティスに行ってみました。

ピラティスは、元々はリハビリから始まったもので、大きな動きもなく、カラダをほぐしたり、骨盤の動きや呼吸にフォーカスして、

体幹を鍛えながら、「自分のカラダを自分が思うように動かせるようになる」事を目的としたものでした。

ピラティスの効果はすぐに表れて、ヒザの痛みや、肩の痛み、下半身が太い悩み、O脚などがどんどん解消されていき、食事コントロールとピラティスで、サイズも動きも30代くらいのカラダに戻っていったのです。

30代40代50代の体の変化にこのように対応してきて、多くの気づきがありました。

「食事」「運動」「メンタル」を整え、正しい知識を習慣化する事が、ダイエット、健康、アンチエイジングなどに共通して効果を出すということを。

多くの人は、知識がないために、情報に振り回されて、無理な食事制限をしたり、つらい筋トレをしたり、継続が難しいダイエットをしてリバウンドを繰り返していたり、

効果がわからない道具やサプリメントを買ったりしているのだと思い、すぐにダイエットとピラティスを教えることができる資格を取りました。

こうして、無理なく苦しくなく、きれいにやせることを望む多くの女性のために、「OTONAダイエット」を考案し、仲間とともに活動をスタートしたのです。